超簡単!Windows10 タスクバーの位置を移動・固定する

この記事では、Windows10のパソコンで誤ってタスクバーの位置を移動してしまった場合や、タスクバーの位置を変えたり固定したい方向けの案内になります。

対象OSWindows10


この記事で得られること
  1. Windows10のパソコンでタスクバーの位置を移動することが出来る。
  2. Windows10のパソコンでタスクバーを誤って移動しないために、固定することが出来る。

 

では早速案内に入りたいと思います。

Windows10 タスクバーの位置を移動する方法

ここでは、画面の左にあるタスクバーの位置を下に移動する方法を例として案内していきます。

 

・カーソルをタスクバーまで持っていきます。

※タスクバーが表示されていない方は、タスクバーが隠れている可能性があります。下記の記事を参考にしてみてください。

「Windows10 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法」

カーソルをタスクバーまで持っていく

 

・タスクバーの上で「左クリック長押し」します。左クリック長押しをすることによりタスクバーを掴んだ状態となります。

※タスクバーが掴めない方は固定されてるので、「タスクバーを右クリック」→「タスクバーを固定するを左クリック」で固定を解除する事が出来ます。

後述では、タスクバーを解除する方法を画像を使用して案内しております。

タスクバー上で左クリック長押しをする

 

「左クリック長押し」したまま画面の下までカーソルを持っていきます。

左クリック長押しでそのままカーソルを下に持っていく

 

・タスクバーが移動した時点で、左クリック長押しをやめます。画面の下にタスクバーが移動し、元に戻すことが出来ました。

タスクバーが移動したことを確認したら、左クリック長押しをやめる

 

次は、タスクバーが誤ってクリックして移動してしまわないように、固定する案内に入ります。

 

Windows10 タスクバーが移動してしまわないように固定する

 

・タスクバーの上にカーソルを持っていきます。

カーソルをタスクバーに持っていく

 

「タスクバーの上で右クリック」し、項目の一覧を開きます。

タスクバーの上で右クリック

 

・項目の一覧の中から「タスクバーを固定する」を左クリック。

項目の中から「タスクバーを固定する」を左クリック

 

これで誤ってタスクバーをクリックしても、移動されません。固定を解除したい場合は、もう一度左クリックします。

ちなみにタスクバーを固定すると、タスクバーの幅も調整することが出来なくなるのでご注意を。

 

「Windows10 タスクバーの位置を移動・固定する」については以上になります。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. レジストリ

    超簡単!レジストリのバックアップと復元方法

    Windows標準搭載されている「レジストエディター」というツールを使…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows10 スリープの時間とスリープにさせない設定方法

    この記事ではWindows10のパソコンで「スリープの時間の設定」と「…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 デスクトップのアイコンが固定されて動かない時の対処方法

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンで、デスクトップのアイ…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows7 スリープ(スタンバイ)状態の確認と解除

    ここでは「Windows7 スリープ(スタンバイ)状態の確認と解除」を…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 デスクトップのアイコンのサイズを小さくしたり大きくする

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンで、デスクトップのアイ…

  6. Windows標準搭載ツール

    Windows10 現在ログインしていないユーザー名とアカウントの種類を確認

    この記事では、Windows10のパソコンで「現在ログインしていないユ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP