Windows7 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法

この記事では、Windows7のパソコンで消えたタスクバーを元に戻す方法を案内しております。

対象OSWindows7


この記事で得られること
Windows7のパソコンで、消えたタスクバーをサクッと元に戻し、いつも使っている状態でパソコンを使用することが出来る。

 

操作案内に入る前に伝えておきたい事

案内に入る前に1つ伝えておきたい事があります。

 

タスクバーが上下左右、何処にあるのか確認する

この記事では、時間を短縮するためスタートメニューからの案内はしておらず、「タスクバーを右クリック」して設定画面を開く案内になります。

よって、タスクバーが何処にあるか把握しておく事が条件となります。

初期設定ではタスクバーは画面の下にありますが、タスクバーは上下左右に移動が可能なので、画面の端に隠れている場合があります。カーソルを画面の上下左右に持って行き表示されるか確認しましょう。

タスクバーが隠れている位置の画像

※タスクバーが表示されない場合は、エクスプローラーが正しく動作していない事が考えられるので「こちら」をクリックして下さい(記事内の案内に飛びます)。

 

以上のようにタスクバーが消えたといっても、下記の2つの状況が考えられるので大まかに2つに分けて案内していきます。

 

  • カーソルを画面の端に持っていかないとタスクバーが表示されない場合
  • カーソルを画面の端に持っていってもタスクバーが表示されない場合

 

では、操作の案内に入りたいと思います。

 

Windows7 カーソルを画面の端に持って行かないとタスクバーが表示されない場合

タスクバーが隠れている状態になっているので「タスクバーのプロパティ」から「タスクバーを自動的に隠す」のチェックを外すだけです。

 

・カーソルをタスクバーに持って行きます(ここでは下に持って行きます)。

カーソルをタスクバーに持っていく

 

・タスクバーが表示されたら「タスクバーの上で右クリック」します。

タスクバーの上で右クリック。

 

・項目が表示されるので「プロパティ」を左クリック。

「プロパティ」を左クリック。

 

 

「タスクバーを自動的に隠す」にチェックが入っているので、左クリックで外します。

「タスクバーを自動的に隠す」のチェックを外す。

 

・チェックが外れたことを確認し、右下にある「適用ボタン」を左クリックして完了です。画面は「OK」ボタンか右上にある「X」ボタンで閉じて大丈夫です。

 

カーソルを持っていかなくても、消えたタスクバーが元に戻っているか確認してみましょう。

 

Windows7 カーソルを画面の端に持って行ってもタスクバーが表示されない場合

画面の上下左右にカーソルを持っていってもタスクバーが表示されていない場合は、「explorer.exe」が起動していない事が考えられます。

「explorer.exe」にはデスクトップの画面を表示したり、アイコンを表示したり、タスクバーを表示したりといった様々な機能があります。この「explorer.exe」が何らかしらの原因で機能していない場合があります。

 

タスクバーからエクスプローラーを再起動する

タスクバーを1度再起動してみましょう。

 

・キーボードの左下にある「Ctrl」+「Alt」を押しながら 右側にある「Delete」を押します。

※キーボードを押す時に順番通りに押さないとうまく行きません。

画面が切り替わるので「タスクマネージャーの起動」を左クリック。

「タスクマネージャーの起動」を左クリック。

 

・タスクマネージャー起動するので「プロセス」を左クリック。

プロセスを左クリック。

 

・プロセスの画面に切り替わったら「explorer.exe」を見つけやすくするため名前順に変更するため、左上にある「イメージ名」を左クリック。

「explorer.exe」を見つけやすくするため「イメージ名」を左クリック。

 

・「explorer.exe」を探すため下にスクロールしていきます。

下にスクロールしていく。

 

ここからの案内は症状にあわせて、下記から「explorer.exe」が見当たる場合と「explorer.exe」が見当たらない場合を選んでください。

※文字を左クリックすると開きます。

「explorer.exe」が見当たる場合
「explorer.exe」が見当たらない場合

3. パソコンを再起動する

上記の2つを行っても消えたタスクバーが元に戻せない場合は、パソコンを再起動してみましょう。

パソコンの今現在の設定がリセットされるので効果がある場合があります。

 

タスクバーが隠れていて見当たる場合

  1. スタートボタンを左クリック。
  2. シャットダウンの右にある右矢印にカーソルを持っていく。
  3. 再起動を左クリック。

 

タスクバーが見当たらない場合

  1. キーボードの左下にある「Ctrl」+「Alt」を押しながら右にある「Delete」を押す。
  2. 画面が切り替わるので右下にある矢印を左クリック。
  3. 再起動を左クリック。

 

 

「Windows7 消えたタスクバーを2分で元に戻す方法」については以上になります。

皆さんにとって今日も明日も良き1日でありますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows10 漢字の読み方がわからない時などにはIMEパッドで手書きで調べる

    この記事ではIMEパッドを使い主に漢字の読み方を手書きで調べる方法を案…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows7 ファイルシステムの確認方法

    ここでは「Windows7 ファイルシステムの確認方法」の案内…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows10 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示にする方法

    この記事ではWindows10のパソコンで画しフォルダーと隠しファイル…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法

    この記事では、Windowsのパソコンで「タスクバーを隠す方法」と「小…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows7 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示にする方法

    この記事ではWindows7のパソコンで隠しファイル・フォルダーを表示…

  6. Windows標準搭載ツール

    仮想ドライブとは?13インチ以下のノートパソコンには必見!

    仮想ドライブとはドライブを仮想化する事を言います。仮想化と聞く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows8/8.1 現在ログインしているアカウントがM…
  2. Windows10 OneDriveに関する情報を根こそぎ削…
  3. Windows10 エクスプローラーのOneDriveを完全…
  4. Windows10 更新プログラム(1803)適用後の言語バ…
  5. Windows10 エクスプローラーのOneDriveを隠す…

カテゴリー

PAGE TOP