Windows7 システムファイルのクリーンアップのやり方の手順

システムファイルのクリーンアップには2種類があります。

  • ディスククリーンアップ同様、項目を選択して不要なファイルを削除する
  • 最新のシステム復元ファイル以外の古い復元ファイルを削除する

ディスククリーンアップよりも時間が掛かるので、時間に余裕を持って行いましょう。

対象OSWindows7

 この記事で得られること
Windows7のパソコンでシステムファイルのクリーンアップで不要なファイルの削除をすることが出来る。

 

※注意事項等については、別記事にまとめていますので参照してみてください。

Windows7 システムファイルのクリーンアップで不要なファイルを削除する

・左下にある「スタート」ボタンを押し、「コンピューター」を左クリック。

スタートボタンを左クリックし「コンピューター」を左クリック。

 

「OS(:C)」を一度、左クリックしカーソルを「OS(:C)」の上に持っていき右クリック後、「プロパティ」を左クリック。

OS(C:)ドライブのアイコンを右クリックし、背景が青く反転されていることを確認し「プロパティ」を左クリック。

 

・プロパティの画面に移るので上のタブが「全般」になっていることを確認し、「ディスクのクリーンアップ」を左クリック。

プロパティの画面が開くのでディスククリーンアップをクリック

 

・計算中と出るので待ちます。

空き容量の計算をし待機している状態

 

「ディスクのクリーンアップ」の画面に切り替わるので、「システムのファイルのクリーンアップ」を左クリック。

 

・また計算中と出るので待ちます。

空き領域を計算中

 

・Windows7のディスククリーンアップでは表示されなかった以下の項目が表示されます。環境によってはこの他にも項目があったりなかったりする場合があります。

  1. Service Packのバックアップファイル
  2. システムエラーのミニダンプファイル
  3. 一時Windowsインストールファイル
  4. Windows Updateのクリーンアップ
  5. システムによってアーカイブされたエラー報告ファイル
  6. システムによってキューされたエラー報告ファイル

上記の6つ以外も表示されているものは、基本的には全て削除しても問題ありません。

他の項目は削除していいのか解らない方は下記を参照して下さい。

 

削除する項目に「チェック」を入れ「OK」ボタンを左クリック。

全てにチェックを入れOKボタンを押す

 

・「これらのファイルを完全に削除しますか?」と出るので「ファイルの削除」を左クリック。

ファイルの削除を選択

 

・「このコンピューターにある不要なファイルを削除しています」と出るので、削除が完了するまで待ちます。

※容量が大きいと時間が掛かる場合があります。

整理中の画面が表示される

 

・終わったら、プロパティの画面に戻るので、次に行う「古いシステム復元のファイル」で同じ手順を踏むので開いたままにしてください。

終了後プロパティ画面に戻る

次は、古いシステムの復元ファイルを削除してみましょう。

Windows7 最新のシステム復元ファイル以外の古い復元ファイルを削除する

「ディスクのクリーンアップ」を左クリック。

ディスクのクリーンアップをクリック

 

・どれくらいの空き領域を作成できるかの計算中の画面が出るので待ちます。

計算中と出るので終わるまで待つ

 

「システムファイルのクリーンアップ」を左クリック。

システムファイルのクリーンアップを選択

 

・また計算中の画面が出るので待ちます。

計算中

 

・終わったらディスククリーンアップの画面になるので上のタブの「詳細オプション」を左クリック。

上のタブの詳細オプションを選択

 

・システムの復元とシャドウコピーの中にある「クリーンアップ」のボタンを左クリック。

クリーンアップを選択

 

・「最新のシステム復元ファイル以外の古い復元ファイルを削除しますか?」という画面が出るので、「削除」ボタンを左クリック(削除は一瞬で終わります)。

削除ボタンを押す

 

・ディスククリーンアップの画面に戻るので「キャンセル」を左クリック。

キャンセルボタンを押す

【注意点】
「OK」ボタンを押してしまうと、ディスククリーンアップに表示されているチェックの入った項目がクリーンアップされてしまうので注意が必要です。
ディスククリーンアップ
チェックされた全ての項目のクリーンアップが始まってしまう

以上で終了です!お疲れ様でした。

更にパソコンのHDD(ハードディスク)の空き容量を増やしたり、パソコンを高速化してみたい方は下記を参照してみてください。


驚速 for Windows

スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows7 ファイルやフォルダーを簡単に隠す方法

    この記事では、Windows7のパソコンでファイルやフォルダーを簡単に…

  2. スタートアップ

    Windows10 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップにアプリケ…

  3. スタートアップ

    Windows7 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く

    この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップのフォルダの…

  4. システムの復元

    Windows10 システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する

    この記事では「Windows10 システムの保護を有効にし復元ポイント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. オンラインストレージとは?初心者の方大歓迎
  2. Windows10 タスクトレイにアイコンを表示する設定方法…
  3. タスクトレイとは?
  4. Windows ファイルやフォルダーを簡単に隠す方法
  5. Windows8/8.1 ファイルやフォルダーを簡単に隠す方…

カテゴリー

PAGE TOP