ファイル復元・データ復旧ソフト

EaseUS Data Recovery Wizardのインストール方法と使い方

EaseUS Data Recovery Wizardの案内の前に無料版について、1つ重要な事を先に伝えておきます。

注意点

EaseUS Data Recovery Wizardの無料版は最大で2GBまでのデータの復元となっております。

この2GBというのはトータルの数字なので、例えば1回目に2GB分のデータを復元した場合は、2回目以降はスキャンしてデータの確認はすることが出来ますが、データの復元をすることは出来ません。

EaseUS Data Recovery Wizardをアンインストールして、再度、インストールしても同じです。

2GB以降のデータを復元したい場合は、購入する必要が出てきます。

※2016.11.15時点の情報

 

 

EaseUS Data Recovery Wizardの動作環境

対象OS:Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10

Windows Server 2003/2008/2012

Mac OSX 10.6/10.7/10.8/10.9/10.10/10.11

ファイルシステム:NTFS, NTFS5, FAT(FAT12, FAT16, FAT32), exFAT, ext2, ext3, HFS+

CPU:x86系統以上

RAM:128 MB以上

ディスク空き容量:32 MB以上

 

クーポン情報

EaseUS Data Recovery Wizardの有料版をご購入の際に、下記のクーポンコードを入力すると20%オフで購入することが出来ます。

「SYB-81K-FYX」

是非、ご活用して下さい。

 

 

EaseUS Data Recovery Wizardのインストールの方法

 

Easeus社のHPに行き「無料ダウンロード」の緑色のボタンをクリック。

Mac版は下にある「Mac向け」を左クリック。

EaseUS Data Recoveryのインストール方法と使い方01

 

・すると保存先を聞かれるので保存したい場所に保存します。

今回は解りやすい様に「デスクトップ」に保存します。

左の項目にある「デスクトップ」を左クックし、上にあるボックスが「デスクトップ」になっている事を確認し右下にある「保存」を左クリック。

左の項目のなかにあるデスクトップを選択し右下にある保存ボタンを左クリック

 

・デスクトップに保存された「drw_free」というアプリケーションをダブルクリック。

drw_freeをダブルクリック

 

「実行」ボタンを左クリック。

ユーザーアカウントの画面が出てきたら「はい」を左クリック。

実行ボタンを左クリック

 

・言語を選ぶ画面になるので「日本語」を選び「OK」ボタンを左クリック。

日本語を選びOKボタンを左クリック

 

・「EaseUS Data Recovery Wizardセットアップウィザードの開始」の画面になるので、右下にある「次へ」ボタンを左クリック。

右下にある次へボタンを左クリック

 

・使用許諾契約書の同意の画面になるので右下にある「同意」を左クリック。

左下にある同意ボタンを左クリック

 

・インストール先を聞かれるのでインストールしたい場所にインストールします。

注意点

Cドライブのデータの復元を行いたいのであればCドライブ以外を選びましょう。データを復元したい場所が同じドライブだとデータが上書きされてしまい、復元できる確率が下がってしまいます。

インストール先を選ぶ

 

・インストール先を変更したいのであれば「参照」ボタンを左クリックし、インストール先を指定します。今回はCドライブのデータ復元・復旧を試みるので、USBメモリを指定し「OK」ボタンを左クリック。

インストール先を変更したいのであれば左にある参照ボタンを左クリック

リムーバブルディスクを選択肢下にあるOKボタンを左クリック

 

・インストール先が「(I)USBメモリ」になっている事を確認し、右下にある「確認」ボタンを左クリック。

インストール先がUSBメモリになっている事を確認し右下にある確認ボタンを左クリック

 

・追加タスクの選択の画面になり「デスクトップ上にアイコンを作成する」と「クイック起動アイコンを作成する」の2種類の項目が表れます。

必要な項目にチェックを入れて右下にある「インストール」ボタンを左クリック。

必要な項目にチェックを入れ右下にあるインストール本タンを左クリック

①デスクトップ上にアイコンを作成する

ショートカットを作成するという事です。

②クイック起動アイコンを作成する

左下にあるスタートメニューの右隣にアイコンを追加します。

クイック起動とはデスクトップの左下にあるスタートメニューの右側の事を言う

 

・インストールが始まるので待つ。

インストールが始まる

 

・インストールが終わると以下の項目が出てきます。

インストールが終わると以下の項目が表示されるので必要に応じてチェックを入れる

①EaseUS Data Recovery Wizardを起動する

EaseUS Data Recoveryのウィザードを起動します。慣れないうちはウィザードからデータのスキャンを行ったほうが解りやすいと思うので、チェックを入れることをおすすめします。

②カスタマーエクスプリエンス向上プログラムに参加

ここでいうカスタマーエクスプリエンス向上プログラムとは、「EaseUS Data Recovery Wizard」のソフトを使用している際、何か不都合な事などが起きた時に、EaseUS社にその情報をインターネットで送り、製品の向上に役立てるという事です。ボランティアと似ています。

 

・必要な項目にチェックを入れ右下にある「完了」ボタンを左クリック。

チェックを入れたら下にある完了ボタンを左クリック

 

インターネットブラウザが立ち上がり「EaseUS Data Recovery Wizard」の製品のHPに移動するので、必要でなければブラウザを閉じます。

※インストールした時点でソフトが古いバージョンであれば、自動的にアップデートが始まります。

EaseUS Data Recovery Wizardの使い方

「EaseUS Data Recovery Wizardの使い方」について以下の3つに分けて説明して行きます。

 

  • データのスキャン方法
  • 復元したいデータの検索のコツ
  • データの復元方法

 

データのスキャン方法

現在の画面はウィザードの画面になります。

一つ一つ見て行きましょう。

 

1. 紛失したファイルの種類を選択の画面

 紛失したファイルの種類を選択の画面の説明

①各アイコンについて
②無料版は500MBまで復旧可能
③データの種類
④復元できるデータの容量を増やせる
⑤次へボタン

 

2. 紛失したファイルの場所を選択

次に復元したいデータがあった場所を選びます。

「共通の場所」「ハードディスクドライブ」「紛失したディスクドライブ」からデータがあった場所を選ぶのですが、スキャンしたい場所は1つしか選べません。

例えばCドライブを選んだ場合、下図のように左上のアイコンに黒い「●」がつきます。

1つしか項目は選べない

 

各項目を見てみましょう。

紛失したファイルの場所を選択の画面

①共通の場所
②ハードディスクドライブ
③紛失したディスクドライブ

 

・今回はCドライブをスキャンしてみたいと思うので、「Cドライブ」を左クリックし右下にある「スキャン」ボタンを左クリック。

Cドライブを選択し右下にあるスキャンボタンを左クリック

 

・スキャン中の画面になるので待ちます。

スキャン中の画面になるので待つ

 

・スキャンが終わると「お探しのファイルが見つからない場合は、ディープスキャンをクリックしてください」と下記のような画面が出てくるので「OK」ボタンを左クリック。

・インストール先を聞かれるのでインストールしたい場所にインストールします。

参考

640GBのHDDでの通常スキャンは、約30秒程で終わりました。

右下にあるOKボタンを左クリック

ディープスキャンについては後述します。

まずは通常のスキャンで復元したいデータがあるか確認してみましょう。

 

・スキャン結果が表示され「左上にファイルの数と容量」が表示されます。

スキャン後、左上にファイルの数と容量が表示される

 

次は、実際に膨大なデータの数から復元したいデータを選択するのですが、一つ一つ見ていくのは大変です。

そこで、ちょっとしたコツがあるのでまとめてみました。

 

復元したいデータの検索のコツ

復元したいデータを探すには

  • 右上のパネル
  • データの情報

を手がかりに探していきます。

 

右上のパネルについて

右上にある「パネルのボタンは4種類」あります。 右上のパネルについて

 

スキャンが終わったら右上にあるパネルは「詳細」が選択されていて、データの詳細が下に表示されています。

スキャン後は右上のパネルは詳細に設定されている

データ検索をする上で手助けとなるのでこのパネルは使っていきましょう。では具体的にどのような役割を果たすのか左から順に見て行きましょう。

 

プレビューボタンプレビュー

プレビューボタンを押すと画像とドキュメントは、その場で確認することが出来ます。ドキュメントは場合によっては文字化けする可能性もあり、実際に文字化けをしていても復元してみないと実際のところはわかりません。

プレビューのアイコンをクリックした時

参考

プレビューできる1つのデータの容量は100MBとなっており、100MBを超えるデータは下図の様に「サイズが大きすぎるため、プレビューを開けません」と出ます。

1つのデータが100MBを超えるとサイズが大きすぎてプレビュー機能は使えない

 

大アイコンボタン大アイコン

アイコンが表示され画像に関しては中身まで表示されます。

大アイコンを選んだ時

 

詳細ボタン詳細

前述しましたが、スキャン後、最初に選択されています。日付やサイズなどを確認することが出来ます。

詳細アイコンを選んだ時

 

プレビューパネルプレビューパネル

右端にプレビューが表示され、画像のみ中身を確認することが出来ます。

プレビューパネルアイコンを選んだ時

 

2. データの情報

データの情報から検索します。ポイントを3つにまとめてみました。

 

①データの名前

データの名前を覚えているのであれば、データの名前を右上の「検索ボックス」に打ち込み検索してみます。ただし、EaseUS Data Recovery Wizardのソフトに限らず、データ復元ソフトは、データの名前が文字化けしたりすることがあり必ずしも一致しない事があります。

右上にある検索ボックスから文字を打ち込む

 

・例として「aaa」と打ち込みキーボードのEnterを押した場合、「aaa」に関連するデータが検索結果に表示されます。

例としてaaaと打ち込んだ場合の検索結果

 

②データの種類

画像、オーディオなどの種類から検索してみます。

データの種類から検索する

 

・画像をクリックすると画像のみが表示されます。

画像をクリックすると画像データのみが表示される

 

③データの場所

データがどの場所にあったのか解っているのであれば、左の項目からフォルダを開き断層を辿っていきます。主観ですが、初心者の方には使いにくいかもしれません。

 

「+」を左クリックします。

+を左クリックするとフォルダが開く

 

・すると下の断層にあるフォルダが現れるのでデータの場所がわかっているのであれば、このように辿っていきます。

下の断層のフォルダが現れるので次々にクリックして行き復元したいデータを見つける

参考

余談になりますが、日付やサイズから確認しようとするとEaseUS Data Recovery Wizardのソフトでは、Cドライブの全てのデータを日付順に並べる事が出来ず、フォルダの中にあるデータに対しての日付順になってしまい、日付順に並べようとすると使いづらい印象があります。


「復元したいデータの検索のコツ」は以上になりますが、探しているデータは見つかりましたでしょうか?

前述しましたが、データの名前は文字化けする事があるので、それらしきデータを見つけたら復元してみる事をおすすめします。

 

もし探しているデータが見つからないのであれば、左下にある「ディープスキャン」を左クリックしスキャンをしてみましょう。ただし、「ディープスキャン」は時間が掛かかるので注意が必要です。

参考

640GBのHDDをディープスキャンしたところ、所要時間は約3時間でした。

探しているデータが見つからなければ左下にあるディープスキャンを左クリック

 

・ディープスキャンが完了したら下図の画面が出てくるので、EaseUS Data Recovery Wizardの画面上を何処でもいいので左クリック。

どこでもいいのでEaseUS Data Recovery Wizardの画面上を左クリック

 

・するとスキャン結果が出てきます。

ディープスキャンの結果の画面

 

以下、「通常スキャン」「ディープスキャン」の比較になります。

所要時間 検出したデータの数 検出したデータの容量
通常スキャン 約30秒 5万1858個 6.59GB
ディープスキャン 約3時間 71万6761個 616GB

 

ディープスキャン恐るべし!です。

時間は掛かりますが、ディープスキャンを行う価値は存分にありますね。

データの復元方法

長くなってしまいましたが、もう少しで終わりです。

では実際にデータを復元してみましょう。

 

・左端の項目から復元したいデータを選びます。左の項目の一部にチェックをいれると、右側の項目にも反映されます。

右下にある「リカバリー」ボタンを押してデータの復元を行います。

左の項目から復元したいデータにチェックを入れ右下にあるリカバリーボタンを左クリック

 

・保存先を聞かれるので指定します。

注意点

データの元となる場所には保存する事は避けましょう。保存先が一緒だとデータが上書きされてしまい復元できるデータも復元できなくなってしまいます。今回で言えば、Cドライブのデータの復元が目的なので、Cドライブ以外のUSBメモリを選び右下にあるOKボタンを左クリック。

保存先はリムーバルディスクを選択し下にあるOKボタンを左クリック

 

「リカバリー中」と出るので待ちます。

リカバリー中と出るので待つ

 

・終わったら「リカバリーが完了しました!」と出るので、実際に復元できるのかデータを確認してみましょう。

参考

640GBのHDDで614MBのデータを復元するのに約30分掛かりました。

リカバリーが終わるとリカバリーが完了しましたという画面が出る

 

後は、実際に復元したデータを開いてみて復元できたどうか確認してみましょう。

 

「EaseUS Data Recovery Wizardのインストール方法と使い方」については以上になります。

お疲れまでした。

データを復元できるといいですね!


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
スポンサー

関連記事

  1. ファイル復元・データ復旧ソフト

    Recuvaのインストール方法と使い方

    Recuvaとは誤って削除してしまったデータを復元・復旧できるフリーソ…

  2. ファイル復元・データ復旧ソフト

    Renee Undeleterのインストール方法と使い方(レビューあり)

    Renee Undeleterの「インストール方法」と「使い方」につい…

  3. プロダクトキー・ライセンスキー確認ソフト

    winproductkeyで2分でサクッとWindowsのプロダクトキーを確認する

    ここでは紛失してしまったWindowsのプロダクトキーを確認するため、…

  4. 比較・検証

    どの復元・復旧ソフトが削除してしまったデータを確実に戻せるのか比較してみる

    ここでは「どの復元・復旧ソフトが削除してしまったデータを確実に戻せるの…

  5. パソコンスペック・状態確認ソフト

    CPU-Z フリー(無料)ソフトのインストールと日本語化について

    この記事では、CPU-Zの無料ソフトのインストール方法と日本語化につい…

コメント

    • 新井
    • 2017年 9月 07日

    こんにちは。
    書かれている記事を参考にEaseUS Data Recovery Wizardの無料版をダウンロードしスキャンを試みたのですが、いざリカバリーという場面で
    「無料体験版ではデータのプレビューまでしか行えません。復元を行うにはライセンスをご購入ください。」というメッセージが出てしまいリカバリーを行う事が出来ません。
    復元したいのは合計で174KBなので問題ないはずなのですが何故なのでしょうかね?

    気になる点と言えば 紹介されている画像と若干レイアウトが異なる点なのですが(記事はEaseUS Data Recovery Wizard freeとなっているのに対して私のはEaseUS Data Recovery Wizard trialとなっているのをはじめ、細かな違いがある)、バージョンやosごとに無料の仕様に違いがあったりするのでしょうか?

      • パソ子
      • 2017年 9月 12日

      返信遅くなり申しわけございません。
      考えられる点は2点あります。

      ①新井さんがおっしゃる通りバージョンの違いにより、現在のバージョンでは無料の復元できるデータの2GBが無くなっている事。
      しかし、easeUSのHPに行き、EaseUS Data Recovery Wizard freeのバージョンは11.6となっており、2GBまで無料で復元できることは確認しました。

      ②一度、EaseUS Data Recovery Wizard freeを使って2GB以上のデータを復元したことがある場合は、本体を再インストールしても無料の2GBのデータの復元は使うことが出来ないです。

      「EaseUS Data Recovery Wizard free」ではなくて「EaseUS Data Recovery Wizard trial」というものについてですが、検索してみましたがそのような名前は見当たりませんでした。
      この記事の冒頭の方のリンクから飛びダウンロードしましたでしょうか?
      もし、EaseUSのHPからダウンロードしていないのであれば、既存のものを一度アンインストールしてeaseUSのHPからダウンロードしてみてください。

    • 新井
    • 2017年 9月 14日

    パソ子さま

    お返事ありがとうございます。
    ひとまず純正品と思われる無料版をダウンロードし、記事通りの使い方をする事が出来ました。

    ここからデータの救出を試みてみます!

    • なかい
    • 2017年 9月 24日

    こんにちは。
    記載の通りにインストールしましたが、肝心のスキャンをする画面で一向にスキャンが終了しません。
    SSDの120GBを対象にスキャンしました。

    何か原因があるのでしょうか?

      • パソ子
      • 2017年 10月 08日

      返信遅くなり申し訳ございません。

      何かエラーは出ましたでしょうか?
      スキャンが完了しないとなると対処方法は3つ考えられます。

      ①パソコンを再起動して再度行ってみる。

      ②ソフトが壊れている可能性
      ソフトを再インストールしてみてください。

      ③SSDが壊れている場合がある
      不良セクター(書き込みと読み込みが出来ない領域)がたくさんある場合は、もしかすると失敗する場合があります。
      一度、chkdsk実行後、試してみてください。
      ちなみにWindows10での案内はまだ出来ていないので、Windows10のパソコンをお使いであればWindows8/8.1を参考にしてみてください。
      http://pc-kaizen.com/chk-dsk

      上記の3つで改善されない場合は、1日放置して待ってみてください。

    • HDDクラッシュ
    • 2017年 10月 14日

    こんにちは。

    EaseUS Data Recovery Wizardの有料版を購入しようと思いますが、
    クーポンコードはまだ生きてますでしょうか?
    クーポンコードの入力画面がわからないんですが…

    よろしくお願いします。?

      • パソ子
      • 2017年 10月 16日

      コメントありがとうございます。

      別記事に、EaseUS Data Recovery Wizardの有料版を購入する際のクーポンコードの入力の仕方についてまとめましたので、こちらを参考にしてみてください。
      クーポンコードはまだ使えます。

      EaseUS Data Recovery Wizardのクーポンを入力する方法
      http://pc-kaizen.com/easeus-data-recovery-coupon

        • HDDクラッシュ
        • 2017年 10月 18日

        ありがとうございます。
        よく探さないで…すみません。

        これから購入します。

          • パソ子
          • 2017年 10月 23日

          いえいえ。
          返信が遅れることがありますが、また何かありましたらお気軽にどうぞ^^

    • SD フォーマット寸前
    • 2017年 11月 21日

    こんにちは。

    EaseUS Data Recovery Wizardの有料版を購入しようと考えている者ですが、
    SDカード(64GB)をいつも携帯に挿して使っていたのですが、突然利用できないと警告が出てきて、急いでパソコンに繋いでデータを閲覧しようと思っていたのですが、
    「このディスクを読み込むにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」と表示が出てきて読み込むことが出来なく、原因を色々調べていたところ、ファイルの場所が不明になっているとの事で、直す方法を調べていたところ、ここにたどり着きました。

    ここでお聞きしたいのが、購入したことを前提として、SDカードを復元する際、データフォルダはきちんとファイル別で元の場所にしまわれたまま復活するのかどうかと、
    復活した際、データ(例えば画像、映像)に支障は無いのでしょうか?

    それと、あともう一つお聞きしておきたい事が、64GB中約50GBデータがあるのですが、
    全ての選択に一気にチェックマークを付けて復活させても大丈夫なのでしょうか?

    お返事いただけたら幸いです。
    よろしくお願いします。

      • パソ子
      • 2017年 11月 21日

      今までの経緯をご丁寧に説明してくださいありがとうございます。
      コメントしやすいです^^

      >>SDカードを復元する際、データフォルダはきちんとファイル別で元の場所にしまわれたまま復活するのか
      まずは無料版で試してみることをおすすめします。
      データを復元できるかどうかの確認は、スキャン結果から確認することが出来て無料版で出来ます(フォルダーの断層も順番通りになっているか確認出来ます)。
      ただし、無料版は復元できるデータ自体は2GBまでとなっております。
      データを復元した後のフォルダーの構成に関しては、実際にデータの復元を行ってみないと解りません。
      特に50GBとなると容量が大きいので、それだけフォルダーの構成も複雑になっているため元通りにすることは難しいかもしれません。
      データを復元できただけでもよかったと思った方が心には優しいです^^

      >>復活した際、データ(例えば画像、映像)に支障は無いのでしょうか?
      EaseUS Data Recovery Wizardの無料版、有料版、他の復元ソフトに限らず、スキャン結果から復元出来るデータが表示されても必ずデータが復元できるとは限りません。
      最終的には実際に復元してみないと解らないという事になります。
      EaseUS Data Recovery Wizardの有料版で、USBメモリを使いデータの復元を行った検証結果の記事があるので、参考にしてみてください。
      記事が長いので、最後のまとめ部分のみを見てもいいかと思います。
      どの復元・復旧ソフトが削除してしまったデータを確実に戻せるのか比較してみる

      >>64GB中約50GBデータがあるのですが、全ての選択に一気にチェックマークを付けて復活させても大丈夫なのでしょうか?

      恐らく大丈夫だと思います。
      私はEaseUS Data Recovery Wizardのソフトを扱っている会社の人間ではないので、不安が残るようでしたら下記にメールで相談してみてください。

      メールサポート(日本語)
      日本語対応をご希望される場合、info@easeus.comまでご連絡ください。お問い合わせメールの件名に【日本語対応希望】の明記をお願いいたします。

      –最後に–
      お気づきかと思いますが、有料版だからといって必ずデータを復元できるとは限りません。
      有料版を購入する前に、無料でデータを復元できるソフトを一度試してみてはどうでしょうか?
      先程ご紹介した復元ソフトの比較の記事に「Recuva」というソフトが無料で使いやすくおすすめです。

      それと、SDカードが頻繁にエラーが発生してくるようであれば寿命が近いと考えておいた方がいいです。
      データの復元を行った後は、他のSDカードを購入することも考えておいた方がいいでしょう。
      復元できるといいですね^^

        • SD フォーマット寸前
        • 2017年 11月 22日

        お返事ご丁寧に有り難うございます。
        1度無料版で試してみて、気に入ったら購入する予定です。

        SDカードは今年の6~7月に購入したものなので、SDカードは大丈夫だとは思います。

        製品の購入は恐らく来年になってしまいそうですが、復活次第、ご連絡させて頂きます。

        記事も参考にさせていただきます。

          • パソ子
          • 2017年 11月 22日

          こんばんは!
          SDカードは新しいのであれば大丈夫そうですね。
          他のサイトも参考にして、じっくり考えて検討してみるのもいいですね。
          返信については気が向いた時で大丈夫ですよ。
          ではでは^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows10 インストールしているアプリケーションの一…
  2. Windows アイコンが消えた場合などにはエクスプローラー…
  3. Windows7 アイコンが消えた場合などにはエクスプローラ…
  4. Windows デスクトップのショートカットアイコンの画像を…
  5. Windows8/8.1 アイコンが消えた場合などにはエクス…

関連記事(広告含む)

PAGE TOP