Windows10 デバイスマネージャーからBluetoothドライバを再インストール

この記事では、Windows10のパソコンで「デバイスマネージャーからBluetoothドライバを再インストールする方法」を案内しております。マウスやキーボードなどBluetooth機器が突然使用できなくなった場合は、デバイスマネージャーからデバイスドライバーを削除し再インストールしてみましょう。

 以下の方を対象としています
・Bluetooth機器が使用できなくなったり等の不具合が生じるので、デバイスマネージャーからデバイスドライバーを再インストールしたい

対象OSWindows10

※Windows Updateの更新プログラムの状況により、内容が変更されることがありますがその際はご了承ください。

操作の案内の前に伝えておきたい事

操作の案内の前に2つ伝えておきたいことがあります。

1.管理者で行う必要がある
2.OSをWindows10にアップグレートした場合

1.管理者で行う必要がある

デバイスマネージャーからデバイスドライバーを削除し、再インストールする場合は「管理者」でないと行うことが出来ません。

【標準ユーザーでデバイスマネージャーを開いた場合】
Windows10 標準ユーザーでデバイスマネージャーを開いた場合

現在、管理者でログインしているかどうか確認したい場合は、下記の記事を参照してください。

【管理者の確認方法】
「Windows10 現在ログインしているユーザー名と管理者なのかどうか確認する」

 

2.OSをWindows10にアップグレートした場合

OSを、Windows7やWindows8/8.1からWindows10にアップグレートした場合は、Windowsで標準搭載されているBluetoothのデバイスドライバーや、メーカーのBluetoothのデバイスドライバーの整合性がとれないため、Bluetoothの機器が動作しない場合があります。

よって、Windows10にOSをアップグレートした場合は、Windows Updateの最新の更新プログラムを手動でダウンロードしてインストールしましょう。

最新の更新プログラムがすでにインストールされているようであれば、このままお進みください。

【手動で最新の更新プログラムを適用する方法】
「Windows10 Windows Update最新の更新プログラムの確認方法」

操作手順

では「Windows10 デバイスマネージャーからBluetoothドライバを再インストール」の案内に入りたいと思います。

ここではBluetooth内臓のアダプターを例に紹介していきますが、お使いになっているBluetoothの機器に置き換えて見てください。

【大まかな流れ】
  1. デバイスマネージャーを開く
  2. 再インストールしたいデバイスドライバを探し削除
  3. パソコンを再起動
  4. パソコン再起動後、自動的にBluetoothのドライバがインストールされる

 

・左下にある「①スタート」ボタンを右クリック「②デバイスマネージャー」を左クリック。

左下にある「①スタート」ボタンを右クリック→「②デバイスマネージャー」を左クリック。

 

・デバイスマネージャーが開くので「Bluetooth」をダブルクリックして、Bluetoothのデバイスドライバを表示させます。

USB端子にBluetoothのアダプターを指している場合は「Bluetooth USB」などの名前になっている場合があります。

デバイスマネージャーが開くので「Bluetooth」をダブルクリックして、Bluetoothのドライバを表示させます。

 

・Bluetoothのデバイスドライバーの一覧を確認することが出来ます。

Bluetoothのドライバーの一覧を確認することが出来ます。

 

・ここで表示されているデバイスドライバは、ほんの一例に過ぎません。理由は以下になります。

  • メーカーにより異なる
  • 接続している機器により異なる
  • デバイスドライバのバージョンにより異なる

使用しているパソコンによっては表示されているデバイスドライバもあれば、表示されていないデバイスドライバもあります。

よって、何かわからないBluetoothのデバイスドライバがある場合は、検索してみてください。

Windows10 Bluetoothデバイスドライバーの説明

①ELECOM BlueLED Mouse
マウスのデバイスドライバになります。
ここでは「ELECOM」と表示されてますが、メーカー名を意味しています。使用しているマウスによって名前が変わってくるのと、キーボードであればメーカー名とキーボード名が表示されていたり、型番のような数字とアルファベットで表示されているのもあります。

②Microsoft Bluetooth Enumerator
Windowsが用意している標準のBluetoothのデバイスドライバになります。
その他にも、Windowsが用意している標準のBluetoothのデバイスドライバは「Generic bluetooth radio」や「Generic Bluetooth Adapter」があります。
一般的にはメーカーが用意しているデバイスドライバを使用することになりますが、パソコンに接続してすぐに使用できるBluetoothの機器の場合は、こちらの「➁Microsoft Bluetooth Enumerator」が使用されていることがあります。

③Microsoft Bluetooth LE Enumerator
Bluetooth Smartに対応しているデバイスドライバになります。
Bluetooth Smartとは、Bluetooth Low Energy(低消費電力)で接続することが可能で、Bluetooth4.0以降に追加された機能のことを言います。

④インテル(R)ワイヤレスBluetooth(R)
受信機のアダプターのデバイスドライバのメーカー名になります。
ここではインテルとなっておりますが、中には「Qualcomm」だったり「broadcom」のメーカー名が表示されている場合があります。


 

ここでは受信器アダプターである、「④インテル(R)ワイヤレスBluetooth(R)」のデバイスドライバを例に、再インストールしてみたいと思います。

「①インテル(R)ワイヤレスBluetooth(R)」を右クリック「➁デバイスのアンインストール」を左クリックします。

「①インテル(R)ワイヤレスBluetooth(R)」を右クリック→「➁デバイスのアンインストール」を左クリックします。

 

・「警告:システムからこのデバイスをアンインストールしようとしています」と表示されたら「アンインストール」ボタンを左クリックします。

【注意点】
「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」にチェックを入れると、パソコンから完全に削除することになり、ドライバーによっては再度、ご自身でインストールする必要があります。
よって、自分でドライバーを用意する自信がない方は、チェックを入れないでください。すでにドライバーを用意していたり、ドライバーをどこでダウンロードできるか知っている場合は、チェックを入れてパソコンを再起動後に手動でドライバーをインストールしてください。
ドライバーが仮に破損していてマウスなどのBluetooth機器が使用できない場合、一度、完全にパソコンから削除し新たなドライバーを入れ直すことにより問題が改善される場合があります。
「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」にチェックを入れると、パソコンから完全に削除することになり、ドライバーによっては再度、ご自身でインストールする必要があります。

Bluetoothドライバーをアンインストールしたら、作業中のデータを保存してパソコンを再起動してください。再起動後、自動でドライバーがインストールされるので、不具合があったBluetoothの機器が改善されているかどうか確認してください。

 

「Windows10 デバイスマネージャーからBluetoothドライバを再インストール」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    隠しファイルおよび隠しフォルダーとは?

    この記事では、Windowsのパソコンに搭載されている「隠しファイル・…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows ファイルやフォルダーを簡単に隠す方法

    この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Window…

  3. OneDrive

    OneDriveの使用容量と空き容量を確認する方法

    この記事では、Microsoftが提供するオンラインストレージの「On…

  4. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 スタートメニューにあるアイコンを変更しカスタマイズする

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンでスタートメニューにあ…

  5. HDD・SSD

    Windows10 HDD(ハードディスク)の容量の確認の仕方

    この記事では「Windows10 HDD(ハードディスク)の容量の確認…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP