Windows10 クイックアクションの設定(表示・非表示)

Windows10パソコンでの、クイックアクションの設定(表示・非表示)について初心者の方にもわかるように案内しております。特定の項目のみを表示、または非表示にしたりすることでカスタマイズする事ができます。

 以下の方を対象としております
・クイックアクションについて知りたい
・クイックアクションの設定方法を知りたい

対象OSWindows10

※Windows Updateの最新の更新プログラムにより内容が変更する事がありますが、その際はご了承ください。

操作案内の前に伝えておきたいこと

Windows10でのクイックアクションとは、画面右下にある「アクションセンター」のアイコンをクリックすると、右下に表示される部分の事を言います。

【クイックアクション】
Windows10 クイックアクションの画面

このクイックアクションに登録することで例えば、インターネットの接続に必要な「ネットワーク」や「bluetooth」と言った項目を表示できるので、わざわざWindowsの設定から開かなくても設定できると言ったメリットがあり、いわゆるショートカット的な意味を成しています。

ここではこのクイックアクションの設定について案内していきます。

操作手順

では「Windows10 クイックアクションの設定(表示・非表示)」の操作手順に入りたいと思います。

Windowsの設定から開く事もできますが、ここでは手っ取り早い方法で案内していきます。

1.右下にある「①アクションセンター」を左クリックすると画面右側に「②クイックアクション」が表示されます。

右下にある「①アクションセンター」を左クリックすると画面右側に「②クイックアクション」が表示されます。

【ショートカットキーで開く場合】
・キーボードのショートカットで開く場合は「Win+A」で開けます。
キーボードのショートカットで開く場合は「Win+A」で開けます。

 

2.全ての項目を表示するには「展開」を左クリックします。

全ての項目を表示するには「展開」を左クリックします。

 

3.どの項目でもいいので「①項目」を右クリック「②クイックアクションの編集」を左クリックします。

どの項目でもいいので「①項目」を右クリック→「②クイックアクションの編集」を左クリックします。
※クイックアクションの項目は、ノートパソコンとデスクトップやパソコンの種類によってなど表示される項目が違います。

 

4.各項目の右上に「ピン」が表示されていると思いますが、この「ピン」を左クリックすると、クイックアクションから選択したものを削除します。

各項目の右上に「ピン」が表示されていると思いますが、この「ピン」を左クリックすると、クイックアクションから選択したものを削除します。

 

5.逆にクイックアクションに追加したい項目があるのであれば、「①+追加」「②項目」を左クリックで出来ます。

逆にクイックアクションに追加したい項目があるのであれば、「①+追加」→「②項目」を左クリックで出来ます。

 

「Windows10 クイックアクションの設定(表示・非表示)」については以上になります。

お疲れさまでした!


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows10 スクリーンショットの撮り方前のページ

Windows10 アクションセンターのアイコンを表示・非表示する次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 スクリーンセーバーのショートカットを作成する方法

    Windows10のパソコンで、スクリーンセーバーのショートカットを作…

  2. Windows10

    Windows10 拡張子を非表示にする方法

    Windows10のパソコンで、拡張子を非表示にする方法を案内しており…

  3. Windows7

    Windows7 言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処方法

    この記事ではWindows7のパソコンで、言語バー(IMEパッド)が消…

  4. Windows10

    Windows10 タスクバーに検索ボックス(Cortana)を表示する

    Windows10のパソコンで、タスクバーに検索ボックス(Cortan…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows 言語バーを画面右下に固定する方法

    この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Window…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP