Windows USBセレクティブサスペンドを無効にする

この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、「USBセレクティブサスペンドを無効にする」方法を案内しております。USBセレクティブサスペンドは無効にすることで、USBの周辺機器電源が切れる症状を改善できることがあります。

 以下の方を対象としています
・無線マウスや外付けHDDなどの周辺機器の電源が切れることがあるのでどうにかしたい

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

OSを選択

「USBセレクティブサスペンドを無効にする」についてはOS毎に案内しております。該当するOSを下記からお選びください。

Windows7
「Windows7 USBセレクティブサスペンドを無効にする」

Windows8/8.1
「Windows8/8.1 USBセレクティブサスペンドを無効にする」

Windows10
「Windows10 USBセレクティブサスペンドを無効にする」


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 マウスポインタ―(カーソル)のサイズを大きく変更する

    この記事ではWindows8/8.1のパソコンで、マウスポインタ―のサ…

  2. Windows10

    Windows10 タスクバーにあるアイコンのサイズを大きく変更する方法

    Windows10のパソコンで、タスクバーにあるアイコンのサイズを大き…

  3. Windows10

    Windows10 タスクバーにあるアイコンをショートカットキーで起動する

    Windows10のパソコンで、タスクバーに登録してあるアプリケーショ…

  4. Windows10

    Windows10 タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にする

    Windows10のパソコンで、タスクバーの通知領域にある時計にある日…

  5. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 言語バーを画面右下に固定する方法

    Windows8/8.1のパソコンで、言語バーを画面右下に固定する方法…

  6. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 高速スタートアップが有効になっている場合は無効にしよう

    この記事ではWindows8/8.1のパソコンで、高速スタートアップを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP