Windows8/8.1 タスクバーの通知領域にある時計に曜日を表示させる

Windows8/8.1のパソコンで、タスクバーの通知領域にある時計に、曜日を簡単に表示する方法を案内しております。わざわざカーソルを日付に持っていかなくても、随時、曜日を表示できるので地味に便利です。

 以下の方を対象としております
・パソコンのデスクトップの右下にある時計に、曜日を表示させたい

対象OSWindows8/8.1

操作の案内の前に伝えておきたい事

操作の案内の前に2つ伝えておきたいことがあります。

1.タスクバーの通知領域にある時計の曜日について
2.「小さいタスクバーボタンを使う」が「オン」になっている場合

1.タスクバーの通知領域にある時計の曜日について

曜日が非表示の状態、そして、曜日の表示方法は以下の2通りになります。

【曜日を非表示にしている状態】

【曜日を表示している状態その1】

【曜日を表示している状態その2】

この曜日を表示させる方法は2通りあるので、それぞれ紹介していきます。

 

2.「小さいタスクバーボタンを使う」が「オン」になっている場合

タスクバーの幅とアイコンを小さくする機能の「小さいタスクバーボタンを使う」が「オン」になっている場合は、曜日を設定しても表示されません。初期設定では「オフ」になっています。

【オフの状態】

【オンの状態】

時計のみの表示の場合は「オン」の状態になっているので、「オフ」に設定しておきましょう。わからない方は、下記の記事を参照してください。

【小さいタスクバーボタンを使うをオフにする】
「Windows8/8.1 タスクバーにあるアイコンのサイズを大きく変更する方法」

操作手順

では「Windows8/8.1 タスクバーの通知領域にある時計に曜日を表示させる方法」の案内に入りたいと思います。

・左下にある「①スタート」ボタンを右クリック「②コントロールパネル」を左クリックします。

 

・表示方法が「①カテゴリ」になっていることを確認「②日付、時刻、または数値の形式の変更」を左クリックします。

 

・上のタブが「①形式」になっていることを確認「②追加の設定」を左クリックします。

 

・上のタブの「日付」を左クリックします。

 

・データ形式の「短い形式」に注目します

 

・「yyyy/MM/dd」の後に半角スペースを入力し、以下の赤い部分の文字を入力します。曜日の表示方法は2通りあるので、お好みでお選びください。

【曜日の頭文字のみ表示させたい場合】
「yyyy/MM/dd ddd
【曜日の文字も表示させたい場合】
「yyyy/MM/dd dddd

 

・よければ最後に「適用」ボタンを左クリックして完了です。

 

・タスクバーの通知領域にある時計に、曜日が表示されたかどうか確認してください。

 

 初期設定に戻したい場合

・色々変更してわけがわからなくなってしまった場合は、初期設定に戻してみましょう。

下にある「リセット」ボタンを左クリックしてください。

 

「Windows8/8.1 タスクバーの通知領域にある時計に曜日を表示させる」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 デスクトップのアイコンのサイズを小さくしたり大きくする

    この記事では、Windows7のパソコンで、デスクトップのアイコンのサ…

  2. Windows7

    Windows7 デバイスマネージャーのショートカットを簡単に作成する

    この記事では、Windows7のパソコンで初心者の方にも簡単にできる「…

  3. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 タスクバーにあるアイコンのサイズを大きく変更する方法

    Windows8/8.1のパソコンで、タスクバーにあるアイコンのサイズ…

  4. Windows7

    Windows7 ディスプレイ(画面)の解像度を変更する

    この記事では、Windows7のパソコンでディスプレイ(画面)の解像度…

  5. Windows10

    Windows10 デスクトップアイコンを表示する方法

    Windows10のパソコンで、デスクトップにアイコンを表示する方法を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP