初心者の方でも簡単にできるタスクバーのカスタマイズ方法

この記事ではWindows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンでタスクバーのカスタマイズについて案内しております。

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

この記事で得られること
Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンでタスクバーの合計5つのカスタマイズ方法を知る事が出来る。

タスクバーのカスタマイズ一覧

タスクバーのカスタマイズ方法を4つに分けて案内していきます。

Windows タスクバーの位置を移動・固定する

タスクバーの位置は初期設定では、画面の「下」に設定されていますが画面の上下左右に移動することが出来ます。タスクバーを固定することにより誤ってクリックしてしまい、タスクバーが移動しないようにすることも出来ます。

「Windows タスクバーの位置を固定・移動する」

Windows タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法

人によってはタスクバーが邪魔になることがあります。タスクバーを隠すことによりデスクトップの画面を広く使う事が出来ます。特にタブレットやノートパソコンを使用している場合は、支援が大きいでしょう。

デスクトップを広く使いたいけどタスクバーは表示させたい場合は、タスクバーの幅(アイコンも小さくなる)を小さくするといいかと思います。ただし、タブレットやノートパソコンを使用している場合は小さくなりすぎて人によっては見づらいかもしれません。

「Windows タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法」

Windows タスクバーにアイコンを追加して1クリックでアプリを起動する・削除する

よく使うアプリをタスクバーに追加(ピン留め)することにより、1クリックで起動することが出来るので大変便利です。デスクトップにあるショートカットアイコンをタスクバーに追加することにより、デスクトップがスッキリし、重いパソコンに関しては若干ですがパフォーマンスは上がります。

「Windows タスクバーにアイコンを追加して1クリックでアプリを起動する・削除する」

※フォルダーを追加するには、アイコンをタスクバーに追加する方法では出来ないので、フォルダーを追加したい方は次の「よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法」に進んでください。

Windows よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

よく使うフォルダーをタスクバーに追加することにより、アイコンを追加するのと一緒で1クリックでフォルダーを開けるので便利です。

「Windows よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法」

タスクバーのトラブル関連

最後に、タスクバーのトラブル関連について掲載しておきます。

Windows 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法

タスクバーが消えて元に戻らない場合の対処方法を案内しております。

「Windows 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法」

 

「タスクバーのカスタマイズ方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日でありますように^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

タスクバーとは?前のページ

Windows10 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示にする方法次のページ

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows PINコードを設定する方法

    Windows8/8.1、Windows10のパソコンでPINコードを…

  2. OneDrive

    OneDriveにあるファイルやフォルダーを共有・解除する方法

    この記事ではWindowsのパソコンで、「OneDriveにあるファイ…

  3. OneDrive

    OneDriveとは?

    この記事ではMicrosoftが提供している「OneDriveとは?」…

  4. Windows7

    超簡単!Windows7 タスクバーの位置を固定・移動する

    この記事ではWindows7のパソコンでタスクバーの位置を固定する方法…

  5. OneDrive

    OneDriveの使用容量と空き容量を確認する方法

    この記事では、Microsoftが提供するオンラインストレージの「On…

  6. Windows7

    Windows7 ファイルシステムの確認方法

    HDD・SSD・USBメモリーを使用する際に、フォーマットをした後に、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP