Windows標準搭載ツール

Windows7 メモ帳の起動の仕方

ここではメモ帳の起動の仕方について案内していきます。

メモ帳は素早く起動できて手軽に使えるので、何かメモをしたいときには非常に便利な機能です。

 

Windows7のメモ帳の起動の仕方は3通りあります。

  1. プログラムとファイルの検索から
  2. 全てのプログラムから開く
  3. デスクトップから開く

この3つの中では、デスクトップから右クリックですぐにメモ帳を起動できるので個人的には気に入っています。

 

プログラムとファイルの検索から

 

・左下にある「スタートメニュー」を左クリックし検索ボックスに「notepad」と打ち込み「Enterキー」を押す

スタートメニューを左クリックし検索ボックスにnotepadを打ち込みenterキーを押す

 

・メモ帳が起動しました

メモ帳が開いた画面

 

全てのプログラムから開く

 

・左下にある「スタートメニュー」を左クリックし「全てのプログラム」を左クリック

左下にあるスタートメニューを左クリックし全てのプログラムを左クリック

 

・全てのプログラムが表示されるので下に行き「アクセサリ」というフォルダを探すため、下に行きます

全てのプログラムが開きアクセサリのフォルダを探すため下に行く

 

「アクセサリ」のフォルダを左クリック

アクセサリのフォルダを左クリック

 

・アクセサリのフォルダが開くので「メモ帳」を左クリック

アクセサリのフォルダが開くのでメモ帳を左クリック

 

・メモ帳が起動します

メモ帳が起動した画面

デスクトップ上から開く

 

・デスクトップ上の何も無いところにカーソルを持っていきます

デスクトップ上の何も無いところにカーソルを持っていく

 

・何も無いところで「右クリック」すると項目の一覧が出てくるので「新規作成」にカーソルを持っていき、更に出てきた項目の中から「テキストドキュメント」を左クリック

何も無いところで右クリックし新規作成にカーソルを持っていきテキストドキュメントを左クリック

 

「新しいドキュメント」というメモ帳のファイルがデスクトップ上に作成されます。この時点で名前を付けるのもいいでしょう

新しいテキストドキュメントというファイルがデスクトップ上に作成される

 

・今回は名前をつけませんでしたが、作成された「メモ帳のファイルをダブルクリック」

新しいテキストドキュメントをダブルクリック

 

・メモ帳が起動します

メモ帳が起動した画面

 

以上になります!参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 ハイブリッドスリープの確認方法と設定の仕方

    この記事では「Windows8/8.1 スリープ(スタンバイ)状態の確…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンで特定のフォルダーをタ…

  3. Windows標準搭載ツール

    超簡単!Windows8/8.1 タスクバーの位置を移動・固定する

    この記事ではWindows8/8.1のパソコンでタスクバーの位置を移動…

  4. Windows標準搭載ツール

    超簡単!Windows10 タスクバーの位置を移動・固定する

    この記事では、Windows10のパソコンで誤ってタスクバーの位置を移…

  5. セーフモード

    Windows7 セーフモードの起動方法

    この記事では「Windows7 セーフモードの起動方法」の案内をしてお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows10 インストールしているアプリケーションの一…
  2. Windows アイコンが消えた場合などにはエクスプローラー…
  3. Windows7 アイコンが消えた場合などにはエクスプローラ…
  4. Windows デスクトップのショートカットアイコンの画像を…
  5. Windows8/8.1 アイコンが消えた場合などにはエクス…

関連記事(広告含む)

PAGE TOP