【第一章】コンピュータウイルスとは?

Translate:
スポンサーリンク
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

パソコンがコンピュータウイルスによって調子がおかしくなり、起動できなかったり、データが消えたり、個人情報を盗まれたり悪用されたりと何一ついいことはありません。
この世の中にインターネットがある以上、コンピュータウイルスは存在し続けます。

リアルの世界で例えるなら人がいる以上、ウイルスが居続けるのと一緒です。
コンピュータウイルスは、他のネットワークに接続しているパソコンに感染したり、被害はどんどん広がっていってしまいます。

そして、1番厄介なのはパソコンにコンピュータウイルスが侵入しても、中々気づきにくいという事です。

経済産業省によると、コンピュータウイルスの定義は以下になります。

第三者のプログラムやデータべースに対して意図的に何らかの被害を及ぼすように作られたプログラムであり、 次の機能を一つ以上有するもの。

(1)自己伝染機能
自らの機能によって他のプログラムに自らをコピーし又はシステム機能を利用して自らを他のシステムにコピーすることにより、 他のシステムに伝染する機能
(2)潜伏機能
発病するための特定時刻、一定時間、処理回数等の条件を記憶させて、発病するまで症状を出さない機能
(3)発病機能
プログラム、データ等のファイルの破壊を行ったり、設計者の意図しない動作をする等の機能

引用元:経済産業省「コンピュータウイルス対策基準」

これ以外にもウイルスと言われるものがあります。

例えば、単独でネットワーク経由で自己増殖していく「ワーム」は、上記のコンピュータウイルス定義に当てはまらないですが、一般的には「ワーム」もウイルスと呼ばれてます。

では一体どのようなコンピュータウイルスがあるのか第二章で見て行きましょう。

コンピュータウイルス対策で抑えておきたい8の項目

【第一章】本記事
【第二章】コンピュータウイルスの種類と感染経路
【第三章】コンピュータウイルス対策 (まとめ)
【第四章】不正アクセスとは?
【第五章】不正アクセスの対策 (まとめ)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です