ESET 古いPCのライセンスを削除して新しいPCに移行する手順

ここでは個人向けのアンチウイルスソフトのESETのライセンス移行手順について、使用しなくなったWindows PCから新しいWindows PCを例に案内していきます。

ライセンスを移行するにはESETのアカウントが必要で、ESETのアカウントをお持ちでない場合はアカウントを作成する必要があります。アカウントを作成すると現在のライセンスがどれぐらい残っているか確認出来たり、ESETのライセンスがどのデバイスにに使用されているのかの確認出来て何かと便利です。詳細については追って説明して行きます。

 以下の方を対象としています
・PCを買い替えた
・PCが壊れてしまった
・使用していないライセンスを他のデバイスで使用したい

※ESETの製品やESETのプライバシーポリシーの変更、製品のバージョンアップ等により案内が異なる事があります。その際は恐縮ですがESETのHPで最新の情報をご確認ください。

※この記事ではアフィリエイトリンクを使用しています。

スポンサーリンク

ESET製品のライセンス移行について

ESET製品のライセンス移行についてですが、1か月、1年、3年プランでデバイス数が3台以上の製品に関しては、他のデバイスで使用予定だったのに使用していなかったり、デバイスを使わなくなった場合にそのデバイスに紐づけられているESETのアカウントを削除して別のデバイスに使用出来る事が出来ます。

余ったライセンスは家族や友達にも使える

個人向けの製品に限った話ですが、余ったライセンスを家族や知人にあげる事はESETが公認しています。
「 家族や友人とライセンスをシェアして利用できますか?」

一方、会社から会社、または会社から個人に譲渡する事は禁止されており、会社から会社に譲渡するには前もって連絡する必要があります。会社からのライセンス譲渡に関しては下記の記事を参考にして下さい。
「所持しているライセンスを会社、或いは個人に譲渡できますか?」

スポンサーリンク

ESETのライセンスを移行するにはHPにログインする必要がある

ESETのライセンスを移行するには、こちらからHPにログインする必要があります。

ESET HOME画面

冒頭でお伝えした通りライセンスを移行するには、ESETのアカウントが必要となって来ます。アカウントを持っていない場合は作成してください。

※アカウントはESET製品を登録した際のメールアドレスです。

アマゾンや楽天などで購入した場合

ECサイトでパッケージ版やオンライン版(ダウンロード版)は、こちらで製品を登録しているはずです。こちらで登録したメールアドレスとパスワードです。

それでもよく分からない場合は、サポートセンター(電話、チャット、Webフォーム)があるので下記から問い合わせしてみましょう。

「ESETサポートセンター(個人向け)」

ESET製品のライセンス移行の流れについて

ESETの説明によると「使わなくなったPCにインストールされているESET製品はアンインストールして下さい」と言う説明がありますが、アンインストールしなくてもESETのHPから紐づけられているライセンスを削除して新しいデバイスにインストールすれば、新たなライセンスを消費せずに今まで使用していたライセンスで移行は行えます。

※参考URL:現在利用中のESET製品のライセンスを別の端末で継続して利用することはできますか?

最後にライセンスの移行の流れを説明して操作手順に入りたいと思います。

  1. ESETのHPに行きライセンスを削除する
  2. 使用したいPCにESET製品をインストールする
  3. インストール最中にESETのHPにログインするように促されるのでログインする(ログインすると自動的に製品が登録される)
  4. ログイン後、インストールの続きが再開して完了

個人向けESETライセンスを移行する操作手順

では操作手順の方に入りたいと思います。

1.ESETのHPにログインします。

 

2.ログイン後「すべてのライセンスを表示」をクリックします。

ログイン後「すべてのライセンスを表示」をクリック

 

3.「ライセンス」を開くをクリックします。

「ライセンス」を開くをクリック

 

4.すると「ライセンスの管理画面」が開くので右にある「ライセンス使用状況」のところで、現在使用しているPCのライセンスを確認する事が出来ます。

右にある「ライセンス使用状況」のところで、現在使用しているPCのライセンスを確認する事ができる

ライセンスの台数が余っていない場合

ライセンスが余っていない場合は別途購入するしかありません。

ESET本家のWebページから購入するよりも基本的にはアマゾンや楽天から購入する方が安く済みます。

検討されてみてはいかがでしょうか?

 

5.各デバイスに「PCの名前」が表示されています。

各デバイスに「PCの名前」が表示されている

PCの名前とは?

PCの名前とは別名「PC名」とも呼ばれており、初期設定のままの英数字がランダムに割り当てられています。例えば「DESKTOP-YG3GB9E」や「LAPTOP-GJUWE3G73」と言った感じになっていてPC内から確認する事が出来ます。

【Windows11の画面】
Windows11のPCの名前

ESETのHPに表示されている名前ですが「DESKTOP」はデスクトップPC、「LAPTOP」はノートPCと言う意味で、英語になっていたりカタカナになっていたりと規則性は無いみたいです。そして、PCの名前はいつでも変えられるので、中には設定したPCの名前とESETのHPに表示されているPCの名前が違う事があります。

ESETのHPに表示されているPCの名前がよく分からなかったり、どのPCのライセンスが使われているのか分からない場合はライセンスを移行したいPCから名前を確認してみましょう。

「Windows10、Windows11 PCの名前を確認・変更する」

ESETに表示されているPCの名前は変更する事が出来る

ESETに表示されているPCの名前とPC本体の名前が異なる場合は、PC内から確認できる名前が現在の本当の名前になります。

ESETのPCの名前を変更したい場合は、PC内で確認できた名前と一緒にしましょう。一瞬で出来るのでこの際に変更しておきましょう。

1.「①…」をクリック→「②名前の変更」をクリックします。

「①…」をクリック→「②名前の変更」をクリック

 

2.表示されている名前を消して新たに「①名前」を入力→「②デバイス名の変更」をクリックします。

※文字は半角英数字やひらがなハイフン等使用できます。

表示されている名前を消して新たに「①名前」を入力→「②デバイス名の変更」をクリック

 

3.「デバイス名が変更されました」と表示されるので、右上にある「×」ボタンをクリックして閉じます。

右上にある「×」ボタンをクリック

 

4.先ほどの画面に戻るので「PCの名前」が変更されている事を確認します。

先ほどの画面に戻るので「PCの名前」が変更されている事を確認

 

6.ここからの手順ですが使用していないライセンスのデバイスを削除し、削除したデバイスを他のデバイスに移行していきます。

「①…」をクリック→「②保護解除」をクリックします。

「①…」をクリック→「②保護解除」をクリック

 

7.すると「デバイスの保護の解除」の画面が表示されるので、本当に解除していい「①PC」なのか確認→「②デバイスの保護の解除」をクリックします。

「デバイスの保護の解除」の画面が表示されるので、本当に解除していい「①PC」なのか確認→「②デバイスの保護の解除」をクリック

 

8.「デバイスは切断され、保護が失われました。」と表示されるので、右上にある「×」ボタンをクリックします。

右上にある「×」ボタンをクリック

 

9.先ほどの画面に戻り「ライセンス使用状況」が「以前と同じ数」で変更されていない場合は、Webブラウザーの再読み込みを行ってください。

「ライセンス使用状況」が「以前と同じ数」で変更されていない場合は、Webブラウザーの再読み込みをする

 

10.Webブラウザーの再読み込みが完了すると「ライセンス使用状況」の数が変更されます。

Webブラウザーの再読み込みが完了すると「ライセンス使用状況」の数が変更される

これで古いPCのESET製品のライセンスの削除が出来たので、次に新しいPCにESET製品をインストールしていきます。

インストールする際に、ESETのHPにログインしたアカウント情報を入力する事で、自動的にデバイスの登録が完了します。

プログラムをダウンロードしてインストールする

では次に、新しいPCのWindows11にESETをインストールしてみたいと思います。

1.こちらをクリックして下にスクロールしていくと「ご購入後初めてのインストール」「2台目以降のインストール・月額サービスでの利用」「体験版から製品版への移行」の項目があり、今回は使用していないWindows PCのライセンスを削除して他のPCにライセンスを移行するので、「2台目以降のインストール・月額サービスでの利用」を選択しWindowsPCのプログラムを選択していきます。

「①2台目以降のインストール・月額サービスでの利用」をクリック→「②プログラムのダウンロード」をクリックします。

「①2台目以降のインストール・月額サービスでの利用」をクリック→「②プログラムのダウンロード」をクリック

 

2.ダウンロードした「プログラム」を開きます。

ダウンロードした「プログラム」を開く(画像はクローム)

ダウンロードした「プログラム」をクリック

※上図はGoogle Chromeで右上にある「ダウンロード」で開きましたが、Microsoft EdgeやFire Foxなど他のブラウザーの場合は案内に従って開いてください。

ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合
「①管理者の名前」を確認→「②パスワード」を入力→「③はい」をクリックします。
ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は「①管理者の名前」を確認→「②パスワード」を入力→「③はい」をクリック
※管理者のパスワードを設定していない場合は「②パスワード」は空欄のまま「③はい」をクリックして下さい。

 

3.右下にある「確認」をクリックします。

右下にある「確認」をクリック

 

4.ESET製品のインストールが始まるので待ちます。

ESET製品のインストールが始まるので待つ

 

5.画面が切り替わるので左下にある「続行」ボタンをクリックします。

画面が切り替わるので左下にある「続行」ボタンをクリック

 

6.すると以下の項目が表示されるので、必要に応じてチェックを入れます。

以下の項目の説明。①ESET LiveGrid フィードバックシステムを有効にする、②望ましくない可能性のあるアプリケーションの検出を有効にする、③カスタマーエクスペリエンス改善プログラムに参加する

項目について簡単に説明していきます。先に伝えておきますが、以下の項目は全てチェックを外しても後で「設定」か変更できます。

①ESET LiveGrid フィードバックシステムを有効にする
×チェックを入れなくてもいい
簡単に言うと新しいウイルスが検出された時に、どのような過程を経てウイルスに感染したかどういったファイル名だったのか等の情報をESET社に送信します。チェックを入れなくてもESET LiveGrid自体は機能しているので、個人的な情報をESET社に知られたくないのであればチェックを入れる必要はありません。協力してもいいという人だけチェックを入れましょう。
※バックグラウンドで動くのでスペックが低いPCでは動作が重くなることがあります。
参考元:クラウドベース保護

②望ましくない可能性のあるアプリケーションの検出を有効にする
〇チェックを入れる
たまにありますが、海外のフリーソフトをインストールしようとするとESETがブロックしてインストールさせないようにします。ただし、その都度許可(無視ボタンを押す)をすればインストールできるので、ウイルスに掛かる危険性を考えるのであればチェックを入れた方がいいです。

「②望ましくない可能性のあるアプリケーションの検出を有効にする」にチェックを入れると、その都度許可(無視ボタンを押す)をすればインストールできる

③カスタマーエクスペリエンス改善プログラムに参加する
×チェックはいれなくてもいい
ESET製品の品質向上のために、設定内容、何のデバイスで使用しているのか、使用している国、エラー情報などがESETに送信されます。
※バックグラウンドで動くのでスペックが低いPCでは動作が重くなることがあります。
参考元:カスタマーエクスペリエンス改善プログラム

Cドライブ以外のデータを保存したい場合
普段からDドライブやEドライブなどデーターを別のドライブに保存している場合は、右下にある「インストールフォルダの変更」をクリックしてインストール先を変更してください。
普段からDドライブやEドライブなどデーターを別のドライブに保存している場合は、右下にある「インストールフォルダの変更」をクリックしてインストール先を変更する

 

7.チェックを入れたら左下にある「許可して続行」ボタンをクリックします。

チェックを入れたら左下にある「許可して続行」ボタンをクリック

 

8.最初の方でESETのHPにログインしたと思いますが、ここでも「ESETのHPのログイン情報」を入力してログインします。

ここでも「ESETのHPのログイン情報」を入力してログインする

 

9.ログインに成功すると画面が切り替わるので「①デバイス名」を入力→「②続行」をクリックします。

※「①デバイス名」は現在のPCの名前が表示されています。わかりやすい名前に設定してもいいですが、ESETのHPと一緒にして管理しやすくするためにはそのままの名前の方がいいかと思います。

ログインに成功すると画面が切り替わるので「①デバイス名」を入力→「②続行」をクリック

 

10.ESETのHPに登録している「①メールアドレス」を確認→「②続行」をクリックします。

SETのHPに登録している「①メールアドレス」を確認→「②続行」をクリック

 

11.インストールが始まるので待ちます。

インストールが始まるので待つ

 

12.インストールが終わると「インストール成功」と表示されるので、左下にある「完了」ボタンをクリックします。

すいません画像を取り忘れてしまいました・・。

 

13.インストールが完了すると「保護が初期化しています」と表示されるので、終わるまでそのまま放置しておきましょう。

インストールが完了すると「保護が初期化しています」と表示されるので、終わるまでそのまま放置する

後は案内に従いESETのアップデートが自動的に行われるので、終わるまで待ちます。

ESETのライセンスが移行できたかどうか確認する

インストールできたので恐らくESETのライセンスの移行は出来たと思うのですが、余っているライセンスが使われていないかも確認するため念のため確認しておきましょう。

1.待っている間にESETのHPに行きライセンスが移行できたことを確認してみましょう。

ログイン後「すべてのライセンスを表示」をクリックします。

ログイン後「すべてのライセンスを表示」をクリック

 

2.下にある「ライセンスを開く」をクリックします。

下にある「ライセンスを開く」をクリック

 

27.先ほどと同じで「①ライセンス」は後1個残っており「②PCの名前」を確認し、解除したライセンスが使用されていて移行出来ている事が確認できます。

「①ライセンス」は後1個残っており「②PCの名前」を確認し、解除したライセンスが使用されている事を確認

※「②PCの名前」が分からなくなってしまった場合は、下記の記事を参考にしてPC名を確認してください。

「Windows10、Windows11 PCの名前を確認・変更する」

以上になります。お疲れ様でした!

関連記事

「ESET 残りのデバイスの台数(ライセンス数)を確認する方法」

「ウィルスが見つかりました、ウイルスが検出されました」の消し方

スポンサーリンク
 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows PCの名前を確認・変更する(おすすめの名前は?)前のページ

Windows ESET(個人向け)のバージョンを確認する方法次のページ

関連記事

  1. ウイルス対策

    コンピュータウイルス対策ソフトを導入するだけでは意味が無い

    みなさんは、コンピュータウイルス対策を行う際にどんな事をしていますか?…

  2. Windows10

    Windows ESET(個人向け)のバージョンを確認する方法

    Windows10、Windows11のPCで、インストールされている…

  3. Windows11

    Windows11 アバスト(無料アンチウイルスソフト)をアンインストールする

    この記事ではWindows11のPCで、無料アンチウイルスソフトのアバ…

  4. ウイルス対策

    「ウィルスが見つかりました、ウイルスが検出されました」の消し方

    Windows PCで通知の許可をした事により画面右下に突如、ポップア…

  5. ウイルス対策

    ESET 残りのデバイスの台数(ライセンス数)を確認する方法

    個人向けのアンチウイルスソフトESETの、現在使用しているPCの台数(…

  6. ウイルス対策

    Windows ESETアプリ(個人製品)から直接バージョンアップする手順

    Windows PCでESETの個人製品のバージョンアップの手順につい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

カテゴリー

PAGE TOP