シャットダウンと休止状態とスタンバイ(スリープ)状態の違い

Translate:
スポンサーリンク
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
シャットダウンと休止状態とスリープモード(スタンバイ)の違いのトップ画面

節電とパソコンへの負荷について

パソコンを長時間使わなかったりこまめに使ったり、2日に1度だったり人によって使い方は様々だと思います。

そんなときパソコンの状態はどのような状態が1番いいのか?

シャットダウンと休止状態とスタンバイ(スリープ)状態ではどのような違いがあり、どちらがいいのか?

まずはそれぞれの違いに入る前に大まかな比較するポイントが2点あります。

  • 節電
  • パソコンへの負荷(ハードディスクへの負荷)
【節電】

一見、休止状態やスリープ状態の方が電力を抑える事ができると思いがちですが、パソコンがもっとも電力を消費する時というのは起動やシャットダウンをする時なので、短い時間でこの作業を繰り返すと電気代は逆に掛かってしまうのと、パソコンへの負荷が大きくなります。

マイクロソフトの調査では90分以内に再度、パソコンを使うのであればスタンバイ(スリープ)状態が消費電力は少ない事がわかっており、90分以上使用しない場合はシャットダウンしたほうが節電できるという事になってます。

節電に関しては「90分以内に再度パソコン使う」ということを前提に説明して行きます。

【パソコンへの負荷】

これが結論から言うと各メーカやマイクロソフトは「これが1番いい」というのは公表してないんですよね。

大人の事情なんですかね・・・

ただ、明確な事が2つあります。

  • 電源を頻繁にON、OFFするとHDD(ハードディスク)に負荷がかかる
  • パソコンは高温に弱い

HDD(ハードディスク)に1番負荷が掛かるタイミングは起動時とシャットダウン時の時で、これをクリアするためにはスタンバイ(スリープ)状態がいいです。

スタンバイ(スリープ)状態はシャットダウンや、休止状態と違ってパソコンの電源は切れてない状態なので負荷が掛かりません。

ですが、今度は熱の問題が出てきます。

スタンバイ(スリープ)状態では電気が流れているので熱の問題はクリアできません。

こうなるとどっちを取るかの問題になってきて、結局のところ技術者が様々な環境で色々試さないと分からない領域です。

このぐらいちゃんとしたデータがあるはずなんですけどね。

まあ置いといて、この2つの観点からあなたのパソコンに合った設定をしていきましょう。

シャットダウンとは?

説明不要な気もしますが休止状態とスタンバイ(スリープ)状態の比較をしますので説明します。

その名の通りパソコンの電源を切ることです(笑)

シャットダウンのメリットとデメリット

【メリット】

  • 電気代が一切掛からない(コンセントに電源ケーブルが刺さっている時点で微量はかかりますが・・)
  • 作業途中で停電等アクシデントが起きてもパソコン内にある保存してないデータは守られる

【デメリット】

  • 起動時間が遅い
  • 頻繁に電源を切る行為はHDD(ハードディスク)に負荷がかかるのでよくない

休止状態とは?

休止状態とは元々、ノートパソコン用に作られた設計でパソコン上で動いているプログラムやアプリケーションソフトを一度、HDD(ハードディスク)に保存し電源をOFFにする省電力の状態のことをいいます。

休止状態のメリットとデメリット

【メリット】

  • 何かの原因でパソコンがフリーズしたり、電源コードを足に引っ掛けてパソコンの電源がおちたりして休止状態から立ち上がらなくても、HDD(ハードディスク)に保存してあるのでデータが失われない可能性があります。但し、あくまで可能性があるだけで必ずしも消えないという保障はありませんので注意が必要です。
  • スリープ状態と比べると電気代は掛からず微々たるもの

【デメリット】

  • 起動時間がシャットダウンよりも掛からないが、スタンバイ(スリープ)状態よりは掛かる

スタンバイ(スリープ)状態とは?

スタンバイ(スリープモード)状態とは省電力の機能でパソコンを触っていない時に一旦、作業内容をメモリーに保存する事を言い、初期設定では自動的にスタンバイ(スリープモード)状態に入ります。

スタンバイ(スリープモード)状態のメリットとデメリット

【メリット】

  • 作業を再開するときにパソコンを起動する時間を短縮できる
  • パソコンが省電力状態になるので常時パソコンの電源をつけている時は電気代を節約できる(90分以内の場合)
  • 一日の内に何回も電源を切る行為は消費電力が増えるのとパソコンに負荷が掛かるので、スタンバイ(スリープ)状態は電源が付いたままなので負荷が掛からない

【デメリット】

  • メモリーは常時動いているのでシャットダウンや、休止状態と比べると電力を消費する
  • メモリーの使用量が徐々に蓄積されていきパソコンの動作が不安定になってくる
  • コンセントから電源コードが抜けてしまったりした時に、保存していないデータは全て消えてしまう。ただ、Windows7からは「ハイブリットスリープ」という機能が搭載され、これは休止状態とスタンバイを組み合わせたもの。スタンバイになったらハイブリットスリープになるように初期設定ではされておりメモリとHDD(ハードディスク)に全ての情報を保存するので、電源ケーブルがコンセントから抜けたりしまってもデータは復旧できる。ただ、完全にデータが復旧できるかは不明。

→お使いのパソコンがハイブリットスリープになっているか確認したい方はこちら

 シャットダウンと休止状態とスタンバイ(スリープ)状態と一体何がベストなのか?

※順位をつけてまとめてみました。

 シャットダウンスリープ状態休止状態
①起動時間3位1位2位
②節電1位3位2位
③安定性1位3位2位
④HDDへの負荷(熱)1位3位2位
⑤HDDへの負荷(電源のON,OFF時の負荷)3位1位2位

①起動時間(早い順)

スリープ状態→休止状態→シャットダウン

②節電(電気代が安くなる順)

シャットダウン→休止状態→スリープ状態

③安定性(安定性がある順)

シャットダウン→休止状態→スリープ状態

休止状態やスリープ状態(スタンバイ)から復帰した時に、周辺機器(フラッシュメモリやプリンターなど)がまれに認識しない事があります。大体はドライバを更新すれば直ります。

④HDDへの負荷(熱) 熱が低い順

シャットダウン→休止状態→スリープ状態

⑤HDDへの負荷(電源のON,OFF時の負荷) 負荷が低い順

スリープ状態→休止状態→シャットダウン

※こうみると面白い事に休止状態に関しては可も無く不可も無くですね。

シャットダウンと休止状態とスタンバイ(スリープ)状態のベストな状態はこれだ!

節電を気にしながらもパソコンへの負荷を減らすという事にフォーカスをして、出した結論は・・・

節電に関してはマイクロソフトの調査で「90分以内に再度、パソコンを使うのであればスタンバイ(スリープ)状態が消費電力は少ない」事はわかってますが、HDD(ハードディスク)に関しては不明な部分があります。

これは私自信の今までの経験と色々調べた結果、導き出した答えですので本当に合っているのかは疑問ですが参考にしてみてください。

就寝する時や長時間(90分間以上)使用しないときはシャットダウンをし、90分以内にパソコンを触る事があればスタンバイ(スリープ)状態にするです。

何故かと言うとシャットダウンの理由は熱の事を考え、やはりパソコン以前の問題に機械は熱に弱いのでそれを考慮しました。

そしてスタンバイ(スリープ)状態に関しては電源のON、OFFを繰り返すとHDD(ハードディスク)に負荷が掛かるからです。

もう一度まとめると

  • 長時間(90分間以上)使用しないときはシャットダウン
  • 90分以内にパソコンを触る事があればスタンバイ(スリープ)状態にする

以上です!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です