Windows10「webを検索するかurlを入力します」の検索バーを消す方法

Windows10のPCを使用しているときに「webを検索するか、urlを入力します」の検索バーが勝手にスクトップに出てきて困ったことは無いでしょうか?ここではこの検索バーの意味と非表示方法について案内して行きます。

 以下の方を対象としています
・デスクトップにある検索バーを消す方法を知りたい

対象OSWindows10

※Windows Updateの更新プログラムの状況により、内容が変更されることがありますがその際はご了承ください。

スポンサーリンク

「webを検索するかurlを入力します」の検索バーについて

「webを検索するかurlを入力します」の検索バーは、Microsoft Edgeと言うMicrosoftが提供しているブラウザの検索バーになります。

【Microsoft Edgeの検索バー】
「webを検索するかurlを入力します」の検索バー
Microsoft Edgeの検索バー

ここではこの検索バーを非表示にする方法を案内して行きます。

スポンサーリンク

操作手順

Microsoft Edgeの検索バーを消す方法は3通りあります。

Microsoft Edgeのブラウザを使用していないのであれば、PC起動時にバックグラウンド(裏で動いているプログラム)で起動してくるMicrosoft Edgeを無効にしてPCを軽くする方法がおすすめです。PC起動時にMicrosoft Edgeを無効にするには「3.PC起動時にMicrosoft Edgeが起動しないようにする」の案内を選択してください。

1.デスクトップの検索バーの設定から消す方法
2.Microsoft Edgeの設定から検索バーを消す方法
3.PC起動時にMicrosoft Edgeが起動しないようにする

1.デスクトップの検索バーの設定から消す方法

1.検索バーの右側にある「①…」をクリック→「②検索バーを自動で起動する」をクリックしチェックマークを外します。

「①…」をクリック→「②検索バーを自動で起動する」をクリック

 

2.これで次回からPCを起動した時に検索バーが起動してこないので、後は「検索バーを閉じる」をクリックすれば、今すぐに検索バーを非表示にすることができます。

「検索バーを閉じる」をクリック

 

2.Microsoft Edgeの設定から検索バーを消す方法

1.「①スタート」ボタンをクリック→下にスクロールしていき、アルファベットの「M」を見つけこの中にある「②Microsoft Edge」をクリックします。

「①スタート」ボタンをクリック→「②Microsoft Edge」をクリック

 

2.「Microsoft Edge」が起動したら「画面右上」に注目します。

「画面右上」に注目

 

3.画面右上にある「①…」をクリック→「②設定」をクリックします。

「①…」をクリック→「②設定」をクリック

 

4.設定の画面が表示されるので左の項目にある「システムとパフォーマンス」をクリックします。

「システムとパフォーマンス」をクリック

 

5.「スタートアップブースト」にあるボタンをクリックして「オフ」にします。

「スタートアップブースト」にあるボタンをクリックして「オフ」にする

これで次回のPC起動時に検索バーが非表示になります。

まれに「スタートアップブースト」をオフにしても検索バーが表示されたままになってしまうことがあるので、検索バーが表示されたままになってしまう場合はPCをすぐに再起動するか、以下の操作を行ってください。

「①…」をクリック→「②検索バーを閉じる」をクリックすれば検索バーが非表示になります。

「①…」をクリック→「②検索バーを閉じる」をクリック

 

3.PC起動時にMicrosoft Edgeが起動しないようにする

Windows PCでは、スタートアップに登録されているアプリケーションが有効になっているとPC起動時に自動的に起動します。

【スタートアップの画面】
スタートアップの画面

初期設定ではMicrosoft EdgeのアプリケーションはPC起動時に起動するようになっており、Microsoft Edgeを無効にする事で検索バーを非表示にすることができます。

そして、リソースも抑えられてPCの起動時間が早くなったり、PC自体のパフォーマンスアップも多少の期待はできるのでMicrosoft Edgeを使用していないのであれば無効にしましょう。

1.タスクバーの「①何もないところ」を右クリック→「②タスクマネージャー」を左クリックします。

タスクバーの「①何もないところ」を右クリック→「②タスクマネージャー」を左クリック

 

2.上のタブにある「スタートアップ」をクリックします。

「スタートアップ」をクリック

 

3.「①Microsoft Edge」を右クリック→「②無効化」を左クリックします。

「①Microsoft Edge」を右クリック→「②無効化」を左クリック

 

4.「Microsoft Edge」が「無効」になった事を確認します。

「Microsoft Edge」が「無効」になった事を確認

これで「webを検索するかurlを入力します」の検索バーが非表示に設定されたので、PCを再起動して検索バーが起動してこないかどうか確認してください。

PCを再起動せずに、すぐに検索バーを消したい場合は「①…」をクリック→「②検索バーを閉じる」をクリックします。

すぐに検索バーを消したい場合は「①…」をクリック→「②検索バーを閉じる」をクリック

以上になります。

関連記事

「ブラウザとは?初心者の方向け」

「Windows10 タスクバーにある検索ボックスを非表示に設定する」

「Windows10 タスクバーに検索ボックス(Cortana)を表示する」

スポンサーリンク
 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows デバイスマネージャーでドライバーを元に戻す方法前のページ

Windows11 Windows Update自動更新を完全に停止する次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 タスクバーにあるタスクビューボタンを表示/非表示にする

    Windows10パソコンのタスクバーにある「タスクビュー」のボタンを…

  2. PDF

    Windows10 PDFファイルを常にAdobe Acrobat Readerで開く方法

    Windows10のPCでPDFファイルを、常にAdobe Acrob…

  3. Windows10

    超簡単!Windows10 IMEパッドの出し方

    この記事ではWindows10のパソコンで、IMEパッドの出し方につい…

  4. Windows10

    Windows10 PINコードを削除または解除する方法

    Windows10のパソコンで、PINコードを削除/解除する方法を案内…

  5. Windows10

    Windows10 ログインしているユーザー名と管理者かどうか確認する

    Windows10のパソコンで、現在ログインしている「ユーザー名(アカ…

  6. PDF

    Windows10 PDFファイルをChromeで開く方法

    Windows10のパソコンで、PDFファイルをダブルクリックした後に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

カテゴリー

PAGE TOP