Windows スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする

この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、スタートアップ(自動起動)されるアプリケーションを停止にする方法を案内しております。

スタートアップは別の呼び方で「自動起動」あるいは「常駐ソフト」と言ったりしますが、ここでは「スタートアップ」と表現させていただきます。意味は同じです。

 この記事で得られること
Windowsのパソコンで、スタートアップに登録されているアプリケーションを停止する事により、パソコンの起動時間の短縮をすることが出来る。

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

OSを選択

「スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする」の操作案内については、OS毎に案内しております。下記から該当するOSをお選びください。

Windows7
「Windows7 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする」

Windows8/8.1
「Windows8/8.1 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする」

Windows10
「Windows10 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする」


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 スタートアップに登録されているアプリを削除する

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップに登録され…

  2. Windows7

    Windows7 システムの復元ポイントを確認する

    この記事は「Windows7 システムの復元ポイントを確認する」につい…

  3. デフラグ

    デフラグで重いまたは遅いパソコンを高速化するために徹底的に追求してみる

    1.デフラグとは?デフラグとは日本語で「最適化」という意味です。…

  4. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する

    この記事では「Windows8/8.1 システムの保護を有効にし復元ポ…

  5. Windows10

    Windows10 視覚効果の設定の仕方

    この記事は、Windows10の視覚効果の設定の案内になります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP