Windows レジストリエディターの開き方

この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、レジストリエディタ―の開き方を案内しております。レジストリエディタ―を開き操作を行う場合は、必ずではないですがレジストリのバックアップをとっておくことをおすすめします。

 以下の方を対象としています
・レジストリエディターの開き方を知りたい

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

OSを選択

「レジストリエディターの開き方」についてはOS毎に案内しております。該当するOSを下記からお選びください。

Windows7
「Windows7 レジストリエディターの開き方」

Windows8/8.1
「Windows8/8.1 レジストリエディターの開き方」

Windows10
「Windows10 レジストリエディターの開き方」

現在使用しているパソコンのOSがわからない方は、下記を参照してください。
「Windows パソコンのOSを確認する方法」

 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップにアプリケ…

  2. Windows7

    Windows7 仮想メモリ(ページファイル)を正しく設定してパソコンを最適化する

    仮想メモリ(ページングファイル)を最適な数値に設定することによって、パ…

  3. Windows7

    Windows7 システムの復元ポイントを自動作成する方法

    この記事では、Windows7のパソコンで、復元ポイントを「自動作成し…

  4. Windows7

    Windows7 システムファイルのクリーンアップのやり方の手順

    システムファイルのクリーンアップには2種類があります。 ディ…

  5. superfetch

    Windows10 superfetchを無効に設定する方法

    この記事では、Windows10のパソコンに搭載されている「super…

  6. Windows10

    Windows10 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップのフォルダ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP