Windows8/8.1 復元ポイントを削除する

この記事では、Windows8/8.1のパソコンで復元ポイントを削除する方法を案内しております。

 この記事で得られること
Windows8/8.1のパソコンで、復元ポイントを削除する事で、HDDやSSDの空き容量を増やす事が出来る。

対象OSWindows8/8.1

操作の案内の前に伝えておきたいこと

復元ポイントを削除したい方は、ほとんどの人がHDDやSSDの空き容量を増やしたい人だと思います。確かに復元ポイントは、HDDやSSDの容量を圧迫する一つの原因でもありますが、復元ポイントについてちゃんと理解できていない方は注意が必要です。

「復元ポイントはちゃんと理解できていまーす!」って方は、こちらをクリックしてください(削除する案内手順に移動します)。

以下の3つについて説明していきます。

  1. 管理者アカウントでログインしている必要がある
  2. 復元ポイントを削除するには2つの方法がある
  3. 復元ポイントには2つの役割がある

1.管理者アカウントでログインしている必要がある

復元ポイントの削除は管理者アカウントでないと、実行できません。

現在ログインしているアカウントが、管理者かどうか確認したい方は下記を参照してください。

「Windows8/8.1 現在ログインしているユーザー名と管理者なのかどうか確認する」

 

2.復元ポイントを削除するには2つの方法がある

復元ポイントを削除するには2つの方法があります。

  1. 全ての復元ポイントを削除
  2. 最新の復元ポイント以外の、古い復元ポイントを削除

1.全ての復元ポイントを削除

全ての復元ポイントを削除すると「ある一定の期間」はリスクを伴うことを覚えておきましょう。

「ある一定の期間」というのは、初期設定ではパソコンに「重要な変更」か「Windows Updateの更新プログラム」があった時に、復元ポイントが自動で作成されるようになっております。

全ての復元ポイントを削除した後に、復元ポイントが自動的に作成される流れは以下になります。

全ての復元ポイントを削除→次回のパソコン起動時、または、0時にWindowsが1週間以内に復元ポイントが作成されているかタスクスケジューラーによって探す→復元ポイントが無い事を確認し復元ポイントを自動的に作成する準備に入る→アイドル状態が10分続くと復元ポイントを自動的に作成

上記のような流れになりポイントはパソコンが「アイドル状態」に入るか入らないかです。

上記の理由により「全ての復元ポイントを削除」することはあまりおすすめできません。次に案内してある「最新の復元ポイントを残し、古い復元ポイントのみを削除」する事をおすすめします。ご自身で判断してください。

2.最新の復元ポイントを残し、古い復元ポイントのみを削除

「最新の復元ポイントを残し、古い復元ポイントのみを削除」については、先述した理由から、もしものための時に備えておくため、こちらで行うことをおすすめします。

 

3.復元ポイントには2つの役割がある

復元ポイントの役割は主に2つある事はご存じでしょうか?

  1. システムの復元
  2. シャドウコピー

1. システムの復元

システムの復元とは、パソコンが不安定になった場合に、パソコンを正常だった以前の状態に戻す事が出来る機能になります。パソコンに何か不具合が起きた時には、復元ポイントを利用してシステムの復元を行います。

2.シャドウコピー

シャドウコピーとは、誤って削除してしまったファイルを復元・復旧できる機能になります。

シャドウコピーの視点から見ると、復元ポイントを削除した以前の、誤って削除してしまったファイルを元に戻すことが出来なくなってしまいます。ファイルを元に戻すには別途ファイルを復元・復旧するソフトを用意する必要があります。

システムの復元と同様、「ある一定の期間」は復元ポイントがないため、シャドウコピーの機能は使えないことを認識しておきましょう。

復元ポイントの詳細については、以下の4つに分けて別の記事でまとめているので、必要であれば参照してみてください。

1. 復元ポイントの役割はシステムの復元とシャドウコピーがある
2. 復元ポイントを作成するには自動と手動の2種類の方法がある
3. 復元ポイントが自動で作成されるタイミングについて
4. 復元ポイントの容量と保存期間について

操作手順

では「Windows8/8.1 復元ポイントを削除する」案内に入ります。2つに分けて案内します。

  1. 全ての復元ポイントを削除する方法
  2. 最新の復元ポイントを残し、古い復元ポイントのみを削除

1.全ての復元ポイントを削除する方法

・左下にある「①スタート」ボタンを右クリック「②システム」を左クリック。

左下にある「①スタート」ボタンを右クリック’「②システム」を左クリック。

 

・左の項目にある「システムの保護」を左クリック。

左の項目にある「システムの保護」を左クリック。

 

・復元ポイントを削除したい「①ドライブ」を左クリック→「②構成」を左クリック。

復元ポイントを削除したい「①ドライブ」を左クリック’「②構成」を左クリック。

【複数ドライブがある場合】
Cドライブ以外ある場合は、各ドライブを選択し復元ポイントを削除する必要があります。

 

・現在、復元ポイントがどのくらい使用されてるのか確認したいのであれば「①現在の使用量」を確認します。よければ「②削除」ボタンを左クリック。

現在、復元ポイントがどのくらい使用されてるのか確認したいのであれば「①現在の使用量」を確認します。よければ「②削除」ボタンを左クリック。

 

・「このドライブで、システムに加えた不要な変更を元に戻す事ができなくなります。続行しますか?」と表示されるので「続行」を左クリック。

「このドライブで、システムに加えた不要な変更を元に戻す事ができなくなります。続行しますか?」と表示されるので「続行」を左クリック。

 

・復元ポイントの削除が終わると「復元ポイントは削除されました。」と表示されるので、「閉じる」ボタンを左クリック。

復元ポイントの削除が終わると「復元ポイントは削除されました。」と表示されるので、「閉じる」ボタンを左クリック。

 

・現在の使用量が「①0バイト」になっていることを確認し、最後に「②OK」ボタンを左クリックで完了です。

現在の使用量が「①0バイト」になっていることを確認し、最後に「②OK」ボタンを左クリックで完了です。

 

2.最新の復元ポイントを残し、古い復元ポイントのみを削除

最新の復元ポイント以外を削除するには「ディスククリーンアップ」から行います。

・左下にある「①スタート」ボタンを右クリック「②エクスプローラー」を左クリック。

左下にある「①スタート」ボタンを右クリック’「②エクスプローラー」を左クリック。

 

・最新の復元ポイント以外を削除したい「ドライブ」を一度左クリックし、背景が青くなり選択されていることを確認します。

最新の復元ポイント以外を削除したい「ドライブ」を一度左クリックし、背景が青くなり選択されていることを確認します。

【複数ドライブがある場合】
Cドライブ以外がある場合は、各ドライブを選択し、復元ポイントを削除する必要があります。

 

「①ドライブ」を右クリック「②プロパティ」を左クリック。

「①ドライブ」を右クリック’「②プロパティ」を左クリック。

 

・上のタブが「全般」になっていることを確認し「ディスククリーンアップ」を左クリック。

上のタブが「全般」になっていることを確認し「ディスククリーンアップ」を左クリック。

 

・ディスククリーンアップの計算が始まるので待ちます。

※時間が掛かる場合があります。

ディスククリーンアップの計算が始まるので待ちます。

 

・読み込みが終わったら「システムファイルのクリーンアップ」を左クリック。

読み込みが終わったら「システムファイルのクリーンアップ」を左クリック。

 

・再度、読み込みが始まるので待ちます。

※時間が掛かる場合があります。

再度、読み込みが始まるので待ちます。

 

・上のタブにある「その他のオプション」を左クリック。

上のタブにある「その他のオプション」を左クリック。

 

・「システムの復元とシャドウコピー」の項目にある「クリーンアップ」を左クリック。

「システムの復元とシャドウコピー」の項目にある「クリーンアップ」を左クリック。

 

・「最新のシステム復元ファイル以外の古い復元ファイルを削除しますか?」と表示されるので、「削除」を左クリック。

「最新のシステム復元ファイル以外の古い復元ファイルを削除しますか?」と表示されるので、「削除」を左クリック

 

・削除が終わると特にメッセージは表示されないので、右下にある「キャンセル」ボタンを左クリックで、最新の復元ポイント以外の削除は完了です。

削除が終わると特にメッセージは表示されないので、右下にある「キャンセル」を左クリックで、最新の復元ポイント以外の削除は完了です。

【注意点】
「OK」ボタンを押してしまうと「ディスククリーンアップ」が始まってしまうので注意が必要です。「キャンセル」ボタンを押しましょう。
【ディスククリーンアップの画面】
「OK」ボタンを押してしまうと「ディスククリーンアップ」が始まってしまうので注意が必要です。「キャンセル」ボタンを押しましょう。

 

「Windows8/8.1 復元ポイントを削除する」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. スタートアップ

    Windows7 スタートアップに登録されているアプリを削除する

    この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップに登録されて…

  2. タスクマネージャー

    パソコンが重いときはタスクマネージャーで状況を確認

    ここでは「パソコンが重いときはタスクマネージャーで状況を確認」について…

  3. タスクマネージャー

    Windows7 タスクマネージャーのパフォーマンス画面を徹底的に追及する

    タスクマネージャーのパフォーマンス画面では様々な情報が記載されています…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 パソコンのスペック(基本情報)の確認方法と見方

    この記事は「Windows8/8.1 パソコンのスペック(基本情報)の…

  5. superfetch

    superfetchとは?

    この記事では、Windowsのパソコンに搭載されている「superfe…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows8/8.1 タスクトレイにアイコンを表示する設…
  2. 久々にパソコンを起動後ディスク使用率が100%だった時の対処…
  3. Windows7 タスクトレイにアイコンを表示する設定方法
  4. オンラインストレージとは?初心者の方大歓迎
  5. Windows10 タスクトレイにアイコンを表示する設定方法…

カテゴリー

PAGE TOP