Windows標準搭載ツール

Windows10 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

この記事では、Windows10のパソコンで特定のフォルダーをタスクバーに追加する案内をしております。

対象OSWindows10


この記事で得られること

Windows10のパソコンでタスクバーによく使うフォルダーを追加する事により、1クリックでフォルダーを開けるため操作が楽になる。

 

 

※この記事では「フォルダー」をタスクバーに追加する方法の記事のため、「アプリ」の追加については案内しておりません。アプリをタスクバーに追加する方法を知りたい方は、下記をクリックしてください。

「Windows10 タスクバーにアイコンを追加して1クリックでアプリを起動する・削除する」

 

操作案内の前に伝えておきたいこと

特定のフォルダーをタスクバーに追加する際は、アプリ(アイコン)をタスクバーに持って行っても追加する事が出来ません。

フォルダーを左クリック長押しでタスクバーに持っていき保存しようとすると、下図のように「エクスプローラーにピン留めする」と表示されてしまい、タスクバーに保存されずエクスプローラーに保存されてしまいます。

タスクバーにフォルダーを持っていくだけでは、タスクバーに保存されず、エクスプローラーに保存されてしまう。

 

エクスプローラーに保存されてしまうため、1クリックでフォルダーを開くことが出来ず、「エクスプローラーを右クリック」して「フォルダー」を左クリックという流れになるので2クリック必要となってきます。

エクスプローラーに保存されると2クリックしなければフォルダーは開けない。

 

ただし、メリットとしてはタスクバーに他のアイコン(アプリなど)が複数ある場合、アイコン(アプリなど)を整理したい時はエクスプローラーに登録した方が見た目がスッキリするので、ノートパソコンやタブレットを使用している場合は、画面が小さいので有効な方法です。

下図は、エクスプローラーに保存した時とタスクバー上に保存した時の比較図になります。

 

 

●タスクバーのエクスプローラーにフォルダーを追加した場合

タスクバーのエクスプローラーに追加したデスクトップ画面

 

●タスクバー上にフォルダーを追加した場合

タスクバー上にフォルダーを追加した時のデスクトップ画面

 

よって、繰り返しになりますが、タスクバーを整理した方はエクスプローラーに保存しましょう。そのままフォルダーを左クリック長押しでタスクバーに持っていき、タスクバー上でマウスから手を放す事でエクスプローラーに保存されます。

タスクバーを整理したい場合はエクスプローラーに保存した方がいいので、フォルダーを左クリック長押しでタスクバーに持っていき「エクスプローラーにピン留めする」の文字が出てきたらマウスを離す。

 

では、案内に入りたいと思います。

 

操作手順

「Windows10 特定のフォルダーをタスクバーに追加する方法」の操作手順になります。

ここではデスクトップにある「1」という名前のフォルダーを例にして案内していきます。

 

・タスクバーに追加したい「フォルダーを右クリック」

タスクバーに追加したいフォルダーを右クリック。

 

・項目の中から「ショートカットの作成」を左クリック。

「ショートカットの作成」を右クリック。

 

・作成した「ショートカットを右クリック」

作成した「ショートカット」を右クリック。

 

・項目が出てくるので1番下にある「プロパティ」を左クリック。

「プロパティ」を左クリック。

 

・プロパティ画面になるので「リンク先」という箇所の名前を変更します。

「リンク先」の項目の名前を変更する。

 

・リンク先の名前が現在「D:\デスクトップ\1」となっているので、Dの前に「explorer.exe」を入力し「explorer.exe D:\デスクトップ\1」となるようにします。

※必ず「explorer.exe」を入力したらスペースを空けて「D」の文字が来るようにしてください。

このパソコンでは、SSDとHDD2台積んでおり、デスクトップなどのデータは全てDドライブに保存される様に設定しているので、デスクトップの頭文字はDとなっております。SSDやHDDが1台しか積んでいない場合は頭文字がCとなっているので、Cの前に「explorer.exe」を入力し半角スペースの後に、Cと来るようにします。

 

・入力が終わったら最後に「適用」ボタンを左クリックして完了です。画面を閉じて大丈夫です。

適用ボタンを左クリック。

 

・フォルダーとは別に、「ショートカットアイコン」が作成されたことを確認します。

フォルダーのショートカットアイコンが作成されたことを確認。

 

・作成されたショートカットアイコンを「左クリック長押し」して、タスクバーに持っていきます。

作成したショートカットアイコンを左クリック長押しで、タスクバーまで持っていく。

 

「タスクバーにピン留めをする」の表示差が出てきたら「タスクバー上でマウスから指を離します」

「タスクバーにピン留めをする」の表示差が出たらマウスを離す。

 

・タスクバーにフォルダーが追加されたことが確認できました。

タスクバーにフォルダーが追加されたことを確認。

 

タスクバーにフォルダーを追加するのは、以上で完了です。

 

 

タスクバーに追加したフォルダーを移動する場合

・タスクバーのショートカットアイコンを移動したい場合は、「アイコンを左クリック長押しして移動したい場所に持っていきます。

タスクバーに追加したフォルダーアイコンを移動する場合は、移動したいアイコンを左クリック長押しで移動先まで持っていく。

 

・移動したい場所まで持っていったら「マウスから指を離します」

移動したい場所までフォルダーを持っていったら、ここでマウスから指をを離す。

 

・フォルダーが移動されたことを確認。

フォルダーが移動されたことを確認。

 

 

タスクバーに追加したフォルダーを削除する場合

「右クリック」します。

タスクバーに追加したフォルダーを削除する場合は、削除したフォルダーを右クリック。

 

「タスクバーからピン留めを外す」を左クリックします。

「タスクバーからピン留めを外す」を左クリック。

 

・タスクバーからフォルダーが削除されたことを確認。

タスクバーから削除したフォルダーのアイコンが消えたことを確認。

 

 

「Windows10 特定のフォルダー(ショートカット)をタスクバーに追加する方法」については以上になります。

参考になれば幸いです。


関連記事(広告含む)

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows7 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法

    この記事では、Windows7のパソコンで消えたタスクバーを元に戻す方…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows10 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法

    この記事では、Windows10のパソコンでタスクバーが消えた時に、サ…

  3. Windows標準搭載ツール

    メモ帳の起動の仕方

    今では様々なアプリケーションソフトがあり、メモ帳よりも高機能はものはた…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows7 パソコンのスペック(基本情報)の確認方法と見方

    ここでは「Windows7 パソコンのスペック(基本情報)の確認方法と…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows7 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示にする方法

    この記事ではWindows7のパソコンで隠しファイル・フォルダーを表示…

  6. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 コマンドプロンプトの起動方法

    ここでは「Windows8/8.1 コマンドプロンプトの起動方法」の案…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows7 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示…
  2. Windows10 隠しファイル・フォルダーを表示または非表…
  3. 初心者の方でも簡単にできるタスクバーのカスタマイズ方法
  4. タスクバーとは?
  5. Windows よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法…

関連記事(広告含む)

PAGE TOP