Windows7 ユーザーアカウント制御(UAC)を一時的に無効にする

Windows7のパソコンで、ユーザーアカウント制御(UAC)を一時的に無効にする方法を案内しております。ユーザーアカウント制御を一時的に無効にするのは止むおえない事がありますが、セキュリティの面から言うとこの先ずっと無効にすることはおすすめできないです。詳細については記事内で説明しています。

 この記事で得られること
・ユーザーアカウント制御(UAC)の画面を一時的に無効にする方法を知ることができる

対象OSWindows7

操作案内の前に伝えておきたいこと

操作案内の前に2つ伝えておきたいことがあります。

1.ユーザーアカウント制御の必要性
2.ユーザーアカウント制御を無効にしたい2つの理由
3.管理者でログインする必要がある

1.ユーザーアカウント制御の必要性

ユーザーアカウント制御(UAC)とは、Windowsパソコンに標準搭載されている「セキュリティの機能」になります。

【ユーザーアカウント制御(UAC)】
Windows7 ユーザーアカウント制御(UAC)

このユーザーアカウント制御の画面は、以下を行う事により表示されます。

  • アプリケーションをインストールするとき
  • ドライバーをインストールするとき
  • パソコンの設定を変更するとき

ユーザーアカウント制御によって、操作ミスを防いだり、インストールするアプリケーションなどを確認することができ、悪意のあるプログラムを未然に防ぐことが出来ます。

よって、ユーザーアカウント制御は一時的に無効にするのはいいですが、作業が終わったら必ず元に戻しておきましょう。

ユーザーアカウント制御についてより具体的に知りたい方は、下記を参照してください。初心者の方を対象とした記事となっています。

2.ユーザーアカウント制御を無効にしたい2つの理由

①毎回確認画面が表示されて面倒くさい
特定のアプリケーションを起動する度に、毎回ユーザーアカウント制御の画面が表示されるので面倒くさいと感じる方は、セキュリティ機能を保ちつつアプリケーションを起動したときに、ユーザーアカウント制御の画面を表示させない方法があります。
下記の記事を参考にしてください(別サイトに飛びます)。
「UACプロンプトを表示させずに管理者権限でアプリを起動する」

②アプリケーションがインストールできない
特定のアプリケーションがインストールできない(特に古いアプリケーション)場合は、これから案内するユーザーアカウント制御を一時的に無効にする事によりインストールできます。ユーザーアカウント制御を無効にした後は、必ず有効に戻しておきましょう。

3.管理者でログインする必要がある

ユーザーアカウント制御の無効は、管理者でログインして行わないと、最後の設定を変更する「OK」ボタンが押せません。

Windows7 ユーザーアカウント制御の無効は、管理者でログインして行わないと、最後の設定を変更する「OK」ボタンが押せません。

よって、管理者でログインしましょう。現在ログインしているアカウントが標準ユーザーなのか、管理者なのかわからない方は下記を参照してください。

「Windows7 現在ログインしているユーザー名と管理者なのかどうか確認する」

操作手順

では「Windows7 ユーザーアカウント制御(UAC)を無効にする方法」の操作手順に入りたいと思います。

・左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②コントロールパネル」を左クリックします。

左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②コントロールパネル」を左クリックします。

 

・右上にある表示方法が「①カテゴリ」になっていることを確認「②ユーザーアカウントと家族のための安全設定」を左クリックします。

右上にある表示方法が「①カテゴリ」になっていることを確認→「②ユーザーアカウントと家族のための安全設定」を左クリックします。

 

「ユーザーアカウント」を左クリックします。

「ユーザーアカウント」を左クリックします。

 

「ユーザアカウント制御設定の変更」を左クリックします。

「ユーザアカウント制御設定の変更」を左クリックします。

 

・ユーザーアカウント制御の設定画面が表示されます。

ユーザーアカウント制御のセキュリティは4つのレベルに分かれており、上に行けば行くほど強力になり、下に行けば行くほど非力になります。そして、初期設定では「レベル③」もしくは「レベル④」に設定されています。

各セキュリティレベルの違いについては以下になります。

各セキュリティレベルの違いについて

レベル④ レベル③ レベル② レベル①
アプリケーションやドライバーのインストール時 ×
選択するまで他の作業を行えないようにする × ×
パソコンの設定を変更しようとした時 × × ×

※〇がユーザーアカウント制御の画面が表示され、Xは表示されません。

・ユーザーアカウント制御を無効にするには「レベル①」である1番下にスライダーを持っていきます。

スライダーを左クリック長押しで掴み1番下に持って行き、マウスから手を離します

スライダーを左クリック長押しで掴み1番下に持って行き、マウスから手を離します。

 

・最後に「OK」ボタンを左クリックして完了です。

最後に「OK」ボタンを左クリックして完了です。

 

・環境によっては「ユーザーアカウント制御を無効にするには、コンピューターを再起動する必要があります」と右下に表示される場合があります。例え表示されない場合でも、設定を反映させるためパソコンを再起動しておきましょう。

環境によっては「ユーザーアカウント制御を無効にするには、コンピューターを再起動する必要があります」と右下に表示される場合があります。例え表示されない場合でも、設定を反映させるためパソコンを再起動しておきましょう。

「Windows7 ユーザーアカウント制御(UAC)を一時的に無効にする方法」については以上になります。

参考になれば幸いデース^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows8/8.1 ユーザーアカウント制御(UAC)を一時的に無効にする前のページ

Windows ユーザーアカウント制御(UAC)を一時的に無効にする次のページ

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 ローカルアカウントを新規で作成する

    この記事では、Windows7のパソコンでローカルアカウントを新規で作…

  2. Windows標準搭載ツール

    デバイスドライバとは?初心者の方向け

    この記事では、デバイスドライバの意味について案内しております。デバイス…

  3. Windows標準搭載ツール

    タスクバーとは?

    この記事ではWindowsパソコンの「タスクバーとは?」について説明し…

  4. Windows10

    Windows10 デバイスマネージャーのショートカットを簡単に作成する

    この記事では、Windows10のパソコンで初心者の方にも簡単にできる…

  5. Windows10

    Windows10 最近使ったもの(ジャンプリスト)の履歴を一括で削除する

    Windows10のパソコンで、タスクバーのアイコンを右クリックすると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP