Windows10 Windows Media Player12で音楽ファイルをCD-Rに書き込みする

Windows10のWindows Media Player12で、音楽ファイルをCD-Rに書き込みする方法を案内しております。アルバム曲から好みの楽曲のみをCD-Rに書き込みする方法も説明しています。

 以下の方を対象としております
・CD-Rに音楽ファイルを書き込みたい

対象OSWindows10

※Windows Updateの最新の更新プログラムにより内容が変更する事がありますが、その際はご了承ください。

操作案内の前に伝えておきたいこと

CD-RWは書き込んだ音楽ファイルを後で消したりする事ができるので大変便利ですが、民間の再生機では再生できない事があるので、CD-Rで書き込む事をおすすめしています。

そして、CD-Rで書き込める容量は80分になります。それ以上書き込む場合は2枚目に書き込まなければなりません。詳細については操作手順の方で解説していきます。

Windows10 Windows Media Player12で音楽ファイルをCD-Rに書き込みする操作手順

では操作手順に入ります。

CD-Rに書き込みする際は、左の項目にある「①プレイリスト」または「②音楽」から選んでいきます

CD-Rに書き込む際は、左の項目にある「①プレイリスト」または「②音楽」から選んでいきます。

ここでは例として「②音楽」にある「アルバム」からCD-Rに書き込んでみたいと思います。


1.空のCD-Rを入れてWindows Media Player12を起動後、「①アルバム」を左クリック→「②アルバム」を右クリック「③追加」にカーソルを持って行く「④書き込みリスト」を左クリックします。

空のCD-Rを入れてWindows Media Player12を起動後、「①アルバム」を左クリック→「②アルバム」を右クリック→「③追加」にカーソルを持って行く→「④書き込みリスト」を左クリックします。

 

2.右上のタブが「①書き込み」に変わり、先ほど「②追加した楽曲」が表示されます。

右上のタブが「①書き込み」に変わり、先ほど「②追加した楽曲」が表示されます。

 好みの曲を追加する場合
アルバムではなく1曲1曲好みの楽曲を追加する場合は、楽曲を右クリックしてリストに追加する事もできますが、一つ一つ追加すると大変なので一括で行ってみましょう。
1.キーボードの「Ctrl」を押しながら楽曲を左クリックして背景が青く反転されている事を確認します。
キーボードの「Ctrl」を押しながら楽曲を左クリックして背景が青く反転されている事を確認します。
2.青く反転された「①楽曲」を右クリック「②追加」にカーソルを持って行く「③書き込みリスト」を左クリックします。
青く反転された「①楽曲」を右クリック→「②追加」にカーソルを持って行く→「③書き込みリスト」を左クリックします。
3.先ほど選択した楽曲が「書き込みリスト」に追加されたかどうか確認してください。
先ほど選択した楽曲が「書き込みリスト」に追加されたかどうか確認してください。

特定の曲を削除する場合
特定の曲を削除したい、または間違えて追加してしまった場合は、削除したい「①楽曲」を右クリック「②リストから削除」を左クリックします。
特定の曲を削除したい、または間違えて追加してしまった場合は、削除したい「①楽曲」を右クリック→「②リストから削除」を左クリックします。

曲順を変更したい場合
自分好みに曲順を変更したい場合は、変更したい「①楽曲」を左クリック長押しで掴む「②変更したい場所」まで持って行きマウスから手を離します
自分好みに曲順を変更したい場合は、変更したい「①楽曲」を左クリック長押しで掴む→「②変更したい場所」まで持って行きマウスから手を離します。

 何曲まで追加する事ができるのか?
曲数で言うと1曲あたりの時間がそれぞれ違うので一概には言えないですが、分数で言うとCD-Rでは80分まで追加する事ができます。
80分を超えてしまうと、「ディスク2」と表示されるので「ディスク2」に関してはCD-Rの2枚目以降に書き込みされてしまいます。
80分を超えてしまうと、「ディスク2」と表示されるので「ディスク2」に関してはCD-Rの2枚目以降に書き込みされてしまいます。
よって、CD-Rを1枚で納めたいのであれば他の楽曲を削除して調整する必要があります。

 

3.書き込む楽曲の準備が整ったら、右上にある「①チェックマーク」を左クリック→「②オーディオCD」を左クリックしてチェックを入れます。

※パソコン以外の民生機器(CDプレイヤー)で聞く場合は、必ず「②オーディオCD」にチェックを入れて下さい。

右上にある「①チェックマーク」を左クリック→「②オーディオCD」を左クリックしてチェックを入れます。

 

4.右上にある「書き込みの開始」を左クリックします。

右上にある「書き込みの開始」を左クリックします。

 「一部のファイルを書き込めませんでした」と表示された場合
「一部のファイルを書き込めませんでした」と下図のように表示された場合は、書き込み速度を「低速」に変更すれば改善される事があります。
「一部のファイルを書き込めませんでした」と下図のように表示された場合は、書き込み速度を「低速」に変更すれば改善される事があります。
1.右上にある「①チェックマーク」を左クリック→「②その他の書き込みオプション」を左クリックします。
1.右上にある「①チェックマーク」を左クリック→「②その他の書き込みオプション」を左クリックします。
2.「書き込み速度」の項目にある「①最速」を左クリック→「②低速」を左クリックします。
2.「書き込み速度」の項目にある「①最速」を左クリック→「②低速」を左クリックします。
3.下にある「①適用」ボタンを左クリック→「②OK」ボタンを左クリックします。
3.下にある「①適用」ボタンを左クリック→「②OK」ボタンを左クリックします。
これで書き込み速度の変更は終わりなので書き込みしてみて下さい。

 

4.「書き込み中~%」と「~%が書き込みされました」と上下に表示されるので待ちます。

4.「書き込み中~%」と「~%が書き込みされました」と上下に表示されるので待ちます。

 

5.1曲1曲の途中経過を確認したい場合は、左の項目にある「空のディスク」を左クリックします。

5.1曲1曲の途中経過を確認したい場合は、左の項目にある「空のディスク」を左クリックします。

 

6.途中経過を確認する事ができます。

途中経過を確認する事ができます。

 

7.書き込みが完了したら自動的にトレイが開くので、これで完了です。念のため楽曲が書き込みされたかどうか確認してみましょう。トレイを押し入れて下さい。

トレイを押し入れても自動的に再生されない場合は、左の項目に先ほど書き込んだ「CDのマーク」をダブルクリックして再生できるかどうか確認してみましょう。

トレイを押し入れても自動的に再生されない場合は、左の項目に先ほど書き込んだ「CDのマーク」をダブルクリックして再生できるかどうか確認してみましょう。

書き込みしたCD-Rが再生されたことを確認して終了です。

今日も明日もあなたにとって良き1日になるといいですね^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows10 Windows Media Player12でプレイリストに楽曲を追加する前のページ

Windows10 Windows Media Player12で再生速度を変更する次のページ

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にする

    Windows7のパソコンで、タスクバーの通知領域にある時計にある日付…

  2. Windows標準搭載ツール

    タスクトレイとは?

    この記事では、Windowsのパソコンでの「タスクトレイ」の意味につい…

  3. Windows10

    Windows10 セーフモードの起動方法

    この記事では「Windows10 セーフモードの起動方法」についての案…

  4. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計を非表示にする方法

    Windows8/8.1のパソコンで、タスクバーの通知領域の時計を非表…

  5. Windows7

    Windows7 ハイブリッドスリープの確認方法と設定の仕方

    この記事では「Windows7 ハイブリッドスリープの確認方法と設定の…

  6. Windows7

    Windows7 パソコン起動後に表示される拡大鏡を解除(オフ)する

    Windows7のパソコンを起動すると、勝手に起動してくる拡大鏡を起動…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP