Windows10 言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処方法

この記事ではWindows10のパソコンで、言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処方法を案内しております。

 この記事で得られること
Windows10のパソコンで、言語バー(IMEパッド)が「消えた」「表示されない」「出ない」といった症状を、言語バーの復元や再表示をすることにより改善することが出来る。

対象OSWindows10

操作の案内の前に伝えておきたいこと

「言語バー」と「IMEパッド」について勘違いされている方が多い様なので、おさらいです。

1.言語バーについて

「言語バー」とは、デスクトップの右下にある「あ」や「A」、「アイコン」などが表示されているバーの事を「言語バー」と言います。その他の言い方では「言語ツールバー」「ツール言語バー」などがあります。

【言語バーの画面】
windows10 言語バー

言語バーは環境によって表示方法や表示している場所が様々で、ここでは言語バーの「表示方法」と「表示される場所」について簡単に説明していきます。

2.言語バーの表示方法について

言語バーの表示方法は主に2種類あります。

  • 単体で表示する方法
  • アイコンも一緒に表示する方法

【言語バーを単体で表示している状態】
言語バーを単体で表示している場合は、他の項目のアイコンは表示されず、「あ」や「A」などの現在の入力方法が表示され、非常にシンプルな表示方法です。
Windows10 言語バーを単体で表示している状態

 

【言語バーのアイコンも一緒に表示している状態】
言語バーのアイコンも一緒に表示する場合は、「あ」や「A」など以外にも「IMEパッド」や「ツール」などのアイコンが表示されます。
Windows10 言語バーのアイコンも一緒に表示している状態

3.言語バーの表示する場所について

言語バーを表示する場所については以下の2種類があり、言語バー自体を非表示にすることも出来ます。

  • タスクバー
  • デスクトップ

【言語バーのアイコンがタスクバーに表示されている状態】
Windows10 言語バーのアイコンがタスクバーに表示されている状態

 

【言語バーのアイコンがデスクトップに表示されている状態】
Windows10 言語バーのアイコンがデスクトップに表示されている状態

 

【言語バーが非表示の状態】
Windows10 言語バーが非表示の状態

 

次は「IMEパッド」について簡単に説明していきます。

4.IMEパッドについて

「IMEパッド」とは、例えば漢字の読み仮名や画数を知りたいときに使うツールで、下図の事を言います。

【IMEパッドの画面】
Windows10 IMEパッドの画面

「言語バー」=「IMEパッド」ではありません。この記事では「IMEパッド」ではなく「言語バー」が消えた時の対処方法を案内していきます。

もし「IMEパッド」の表示方法を知りたいのであれば下記を参照してください。

操作手順

Windows10 言語バーが消えた時の操作手順の案内に入ります。

※日本時間2018年5月1日、Windows Updateの更新プログラム(1803)適用後、コントロールパネルから「言語」の選択が出来なくなっております。更新プログラム(1803)を適用した方は、下記をクリックして参照してください。

Windows Updateの更新プログラム(1803)適用後

・左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②設定」を左クリック。

左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②設定」を左クリック。

 

「時刻と言語」を左クリック。

「時刻と言語」を左クリック。

 

・左の項目にある「地域と言語」を左クリック。

左の項目にある「地域と言語」を左クリック。

 

・下にスクロールしていきます。

下にスクロールしていきます。

 

・「関連設定」の中にある「キーボードの詳細設定」を左クリック。

「関連設定」の中にある「キーボードの詳細設定」を左クリック。

 

「言語バーのオプション」を左クリック。

「言語バーのオプション」を左クリック。

 

・言語バーのオプション設定である「テキストサービスと入力言語」を表示することが出来ました。

言語バーのオプション設定である「テキストサービスと入力言語」を表示することが出来ました。

各項目の説明に関してはこちらをクリックしてください。記事内の最後に飛びます。

 

Windows Updateの更新プログラム(1803)適用前については、このままお進ください。

「コントロールパネル」から設定を行っていきます。

「コントロールパネル」の開き方は2種類あります。

【①検索から開く方法】
・左下にある「ここに入力して検索」を左クリック。
左下にある「ここに入力して検索」を左クリック。
「①コントロールパネル」と入力→上に表示される「②コントロールパネル」を左クリック。
「①コントロールパネル」と入力→上に表示される「②コントロールパネル」を左クリック。
・コントロールパネルが表示されます。
コントロールパネルが表示されます。
【②スタートメニューから開く方法】
・左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②下にスクロールしていく」
左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②下にスクロールしていく」
「①Windowsシステムツール」を左クリック→「②コントロールパネル」を左クリック。
「①Windowsシステムツール」を左クリック→「②コントロールパネル」を左クリック。
・コントロールパネルが表示されたことを確認します。
コントロールパネルが表示されたことを確認します。

 

・右上にある表示方法が「カテゴリ」になっていることを確認し「入力方法の変更」を左クリック。

右上にある表示方法が「カテゴリ」になっていることを確認し「入力方法の変更」を左クリック。

 

・左の項目にある「詳細設定」を左クリック。

・左の項目にある「詳細設定」を左クリック。

 

・下にスクロールしていきますが1つ注意点があります。

【注意点】
スクロールする際は、マウスのホイールを使いスクロールしてしまうと、「Windowsの表示言語の上書き」の設定が知らないうちに変更されてしまいます。
スクロールする際は、マウスのホイールを使いスクロールしてしまうと、「Windowsの表示言語の上書き」の設定が知らないうちに変更されてしまいます。
よって、必ず右にあるバーを左クリック長押しで掴み、下におろす形でスクロールしていきましょう。
必ず右にあるバーを左クリックで掴み下におろす形でスクロールしていきましょう。

 

「①使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」に左クリックでチェックを入れる→右下にある「②保存」ボタンを左クリック。

「①使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」に左クリックでチェックを入れる→右下にある「②保存」ボタンを左クリック。

 

・タスクバー、もしくはデスクトップから消えた「言語バー」が表示されたことを確認します。

タスクバー、もしくはデスクトップに消えた「言語バー」が表示されたことを確認します。

 

1.タスクバーにある言語バーをデスクトップに表示する方法

ここからは、言語バーをデスクトップに表示する方法や、簡単なカスタマイズ方法について案内していきます。

・言語バーをデスクトップに表示したい場合は「言語バーのホットキーの変更」を左クリック。

言語バーをデスクトップに表示したい場合は「言語バーのホットキーの変更」を左クリック。

 

・左上にある「言語バー」を左クリック。

左上にある「言語バー」を左クリック。

 

・テキストサービスと入力言語の画面になるので、「①デスクトップ上でフローと表示する」に左クリックでチェックを入れる→右下にある「②適用」ボタンを左クリック。

テキストサービスと入力言語の画面になるので、「①デスクトップ上でフローと表示する」に左クリックでチェックを入れる→右下にある「②適用」ボタンを左クリック。

 

・デスクトップに言語バーが表示されたことを確認します。

デスクトップに言語バーが表示されたことを確認します。

 

最後に、各項目の説明をしていきます。

2.言語バーの各項目の説明

言語バーをタスクバーに表示したり、その他の設定については下記を参考にしてください。

①~③は言語バーの表示する場所と、非表示にする設定になり、各項目は1つしかチェックを入れることができません。

④~⑥は言語バーの表示方法についてになり、各項目すべてにチェックを入れることができます。

項目によっては、チェックを入れても意味が無かったりする場合があります。

例:「③表示しない」にチェック入を入れ「④言語バーがアクティブでないときは透明で表示する」

お好みに合わせて設定してみてください。

Windows10 言語バーの各項目の説明

※文字をクリックすると各項目の説明と画像が表示されます。

①デスクトップ上でフロートする

デスクトップ上に言語バーを表示することができます。

①デスクトップ上でフロートする

②タスクバーに固定する

タスクバーに固定することができます。

②タスクバーに固定する

③表示しない

言語バーが表示されず隠すことができるので、スッキリさせることができます。

③表示しない

④言語バーがアクティブでないときは透明で表示する

普段は言語バーは透明に表示され、言語バーにカーソルを持っていくと透明が解除されます。

④言語バーがアクティブでないときは透明で表示する

⑤言語バーアイコンをタスクバーで表示する

言語バーの他のアイコンも一緒にタスクバーに表示します。「デスクトップ上でフロートする」にチェックが入っている場合はチェックを入れても意味がありません。

⑤言語バーアイコンをタスクバーで表示する

⑥言語バーのテキストラベルを表示する

言語バーの各項目(ボタン)のテキストが表示されます。言語バーをタスクバーで表示した場合は、チェックを入れても意味がありません。

⑥言語バーのテキストラベルを表示する

 

「Windows10 言語バーが消えた時の対処方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 7

超簡単!Windows10 IMEパッドの出し方前のページ

Windows10 漢字の読み方がわからない時などにはIMEパッドで手書きで調べる次のページ

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 タスクバーの通知領域に時計を表示する方法

    Windows7のパソコンで、タスクバーの通知領域に時計を表示するには…

  2. Windows10

    Windows10 マウスポインタ―(カーソル)の色を変更する方法

    この記事ではWindows10のパソコンで、マウスポインタ―の色を変更…

  3. Windows標準搭載ツール

    パソコンが重いときはタスクマネージャーで状況を確認

    ここでは「パソコンが重いときはタスクマネージャーで状況を確認」について…

  4. Windows10

    Windows10 ごみ箱やコンピューターのアイコンが消えた時の対処方法

    この記事では、Windows10のパソコンでデスクトップにあるごみ箱や…

  5. Windows10

    Windows10 タスクマネージャーの起動方法

    この記事ではWindows10のパソコンでの「タスクマネージャーの起動…

  6. Windows10

    Windows10 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

    この記事では、Windows10のパソコンで特定のフォルダーをタスクバ…

コメント

    • 松原 稔
    • 2018年 5月 13日

    Windows10 言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処方法

    上記を参照に、Windows10 言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処方法を実行しようとするのですが、最近アップデートした影響なのか、Windows10(1803)には、コントロールパネルの中の時計と地域の中には、日付、時刻、または数値の形式の変更しか有りません。

    1803にアップした影響なのか、言語の追加、入力方法の変更が表示されません。

    上記理由でWindows10 言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処が出来ず困っています、何か良きアドバイスをご教示頂きたくコメントした次第ですので宜しくお願い致します。

      • パソ子
      • 2018年 5月 14日

      松原さんこんにちわ^^
      私はまだWindows Updateの更新プログラム(1803)は見送りしていますが、本日当ててみるので、明日中の20時頃までには返答します。
      もしかすると既に解決してるかと思いますが、必要であれば記事にしますので、申し訳ないですがそれまでお待ちください。
      貴重な情報ありがとうございます。

      • パソ子
      • 2018年 5月 15日

      松原さんこんばんわ^^
      1803の更新プログラムを当てました。
      言語バーを表示したり変更できるオプションを「テキストサービスと入力言語」と言い、松原さんがおっしゃる通り1803適用後、「言語」のオプションがコントロールパネルから消えてしまい変更できないようになっています。
      設定から変更できるので、その手順に関しては下記の記事にまとめたので参考にしてみてください。

      Windows10 更新プログラム(1803)適用後の言語バーの設定画面を開く方法

    • パックン
    • 2019年 7月 11日

    コントロールパネルに「入力方法の変更」という項目がありません。
    その場合はどうすればよいですか?

      • パソ子
      • 2019年 7月 13日

      パックさんこんばんは!
      コントロールパネルに「入力方法の変更」が無い場合は、Windows Updateの更新プログラム(1803)が適用されているので、操作手順のすぐのところにある「Windows Updateの更新プログラム(1803)適用後」をクリックして参照してください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP