Windows7 不要なプログラム(アプリケーション)の削除

Translate:
スポンサーリンク

この記事は「Windows7 不要なプログラム(アプリケーション)の削除」の案内をしております。

HDD・SSDは、いつの間にか空き容量が足りず一杯になることがあります。

容量がいっぱいになるとパソコンが重くなる原因にもなるので、不要なプログラム(アプリケーション)は削除してみましょう。

特にゲームなどは、頻繁にデータの更新が行われるのでどんどん容量が増えていきます。

HDD・SSDの空き容量を確認したい方は下記を参照してください。

「Windows HDD・SSDの容量の確認の仕方」

この記事で得られること
不要なプログラム(アプリケーション)の削除を行い、Windows7のPCのドライブ(HDD・SSD)の空き容量を増やす事が出来る。

では案内に入りたいと思います。


簡易案内

スタートボタンからコントロールパネル→プログラム(アプリケーション)をアンインストール→指定した不要なプログラム(アプリケーション)を右クリックもしくはダブルクリックでアンインストール

「スタート」ボタンを左クリックし「コントロールパネル」を左クリック

スタートボタン→コントロールパネル

・左上の表示方法が「カテゴリ」になっていることを確認し、「プログラムのアンインストール」を左クリック

コントロールパネル→プログラムのアンインストール

「プログラムと機能」の画面が開くので削除したいプログラム(アプリケーション)をダブルクリックまたは、右クリックで「アンインストール」を左クリック

プログラムのアンインストール→プログラムと機能

プログラムによってはそのプログラム専用のアンインストーラーが立ち上がることもあります。

不要なプログラムやアプリケーションソフトはこの際どんどん削除して、HDD・SDDの空き容量を確保してみてはいかがでしょうか?

何のプログラム(アプリケーション)なのか分からない時は削除は止めておきましょう。削除したプログラムは再インストールしない限り元に戻ることはありません。

データもプログラム(アプリケーション)によっては、削除されてしまう事もあります。念のためバックアップを取り、一度、名前を検索したりマニュアル(説明書)を見て確かめてから削除することをおすすめします。

「Windows7 不要なプログラム(アプリケーション)の削除」については以上になります。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)