Windows7 不要なプログラムやファイルの削除(アンインストール)の方法

Translate:
スポンサーリンク
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
不要なプログラムやファイルを削除するのトップ画像

Windows7 HDD(ハードディスク)の空き容量を調べる

パソコンは使えば使うほどHDD(ハードディスク)の容量は減っていきます。
気づかないうちに容量がいっぱいになっていることもあるので、一度自分のパソコンがどのぐらいの容量のハードディスクを搭載していてどのぐらい使用しているのか確認してみましょう。


「スタート」ボタンを左クリックし「コンピューター」を左クリック

スタート→コンピューター

・私のパソコンでは「OS(:C)」という風になってます。

HDD空き容量

690GBのHDD(ハードディスク)を搭載しており597GBの空き容量があるという事です。

お使いのパソコンによっては(:D)などもありOS用(:C)データ用(:D)に分けられている場合もあります。

この時点でHDD(ハードディスク)空き容量が足りてないのであれば、パソコンが重い原因はHDD(ハードディスク)の空き容量不足の可能性があります。

ゴミ箱を空にしたり、不要なファイルやプログラムを削除してみましょう。

Windows7 ゴミ箱を空にする

要らないファイルは右クリックして削除すると思いますが、初期設定ではこれではまだ完全に削除されておらずパソコンに残ったままになります。

この削除されたファイルは「ゴミ箱」に移動するのでこの「ゴミ箱」を空にしましょう。


「ゴミ箱」にカーソルを持っていき右クリックし「ゴミ箱を空にする」を左クリック。

ゴミ箱を空にする

「はい」を左クリックするとゴミ箱が空になります。

ゴミ箱を空にするの確認

以外と削除したファイルがゴミ箱に溜まっている時があり容量を圧迫している時があるので、定期的にゴミ箱を空にする癖をつけておくといいですね。

Windows7 不要なプログラムの削除(アンインストール)の方法

不要なプログラムやアプリケーションソフトは場合によっては、かなりのHDD(ハードディスク)の容量を使用している物もあります。

特にゲームなどは頻繁にデータの更新が行われるのでどんどん容量が増えていきます。

不要なプログラムやアプリケーションは削除しましょう。


「スタート」ボタンを左クリックし「コントロールパネル」を左クリック

スタートボタン→コントロールパネル

・左上の表示方法が「カテゴリ」になっていることを確認し、「プログラムのアンインストール」を左クリック

コントロールパネル→プログラムのアンインストール

「プログラムと機能」の画面が開くので削除したいプログラムまたはアプリケーションソフトをダブルクリックまたは、右クリックで「アンインストール」を左クリック

プログラムのアンインストール→プログラムと機能

プログラムによってはそのプログラム専用のアンインストーラーが立ち上がることもあります。

不要なプログラムやアプリケーションソフトはどんどん削除してパソコンの高速化を目指しましょう。

何のプログラムなのか分からない時は削除は止めておきましょう。削除したプログラムは再インストールしない限り元に戻ることはありません。データも場合によっては削除されてしまう事もあります。念のためバックアップを取り、一度、名前を検索したりマニュアル(説明書)を見て確かめてから削除することをおすすめします。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です