Windows8/8.1 デスクトップのアイコンのサイズを小さくしたり大きくする

この記事では、Windows8/8.1のパソコンで、デスクトップのアイコンのサイズを小さくしたり大きくする方法を案内しております。

 この記事で得られること
Windows8/8.1のパソコンで、デスクトップのアイコンのサイズを小さくしたり大きくしたり、変更することができる。

対象OSWindows8/8.1

操作の案内の前に伝えておきたいこと

デスクトップのアイコンには様々なものがあります。

  • ショートカットアイコン
  • フォルダーのアイコン
  • アプリケーションのアイコン
  • ファイルのアイコン

これら全てのデスクトップにあるアイコンを簡単にサイズを変更できます。

例えば、高齢者の方はアイコンを大きくすることにより見えやすくなったり、デスクトップにアイコンがたくさんある場合や画面が小さいノートパソコンなどでは、アイコンのサイズを小さくする事によりデスクトップを広く使えたりとメリットがあります。

環境に合わせてデスクトップのアイコンのサイズを変更してみましょう。

以下は、アイコンを大きくした場合と小さくした場合の比較となります。

 

アイコンを大きくした場合

Windows8/8.1のパソコンのデスクトップの画面でアイコンを大きくした場合

 

アイコンを小さくした場合

Windows8/8.1のパソコンのデスクトップの画面でアイコンを小さくした場合

操作手順

Windows8/8.1 デスクトップのアイコンのサイズを小さくしたり大きくする案内に入ります。

 

デスクトップの何も無いところで右クリック表示「アイコンの大きさ」を左クリックで選びます。

デスクトップの何も無いところで右クリック→表示→「アイコンの大きさ」を左クリックで選びます。

 

・アイコンのサイズが、大きすぎたり小さすぎたりする場合はキーボードとマウスで微調整する事が出来ます。

キーボードの左下にある「Ctrl」を押しながらマウスの「ホイール」を上下に動かします

キーボードの左下にある「Ctrlキー」を押し続ける

マウスのホイールを上下に動かします。

 

「Windows8/8.1 デスクトップのアイコンのサイズを小さくしたり大きくする」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 デスクトップアイコンを非表示にする方法

    この記事ではWindows7のパソコンで、デスクトップアイコンを非表示…

  2. Windows10

    Windows10 デスクトップのアイコンが固定されて動かない時の対処方法

    この記事では、Windows10のパソコンで、デスクトップのアイコンが…

  3. Windows7

    Windows7 デバイスマネージャーのショートカットを簡単に作成する

    この記事では、Windows7のパソコンで初心者の方にも簡単にできる「…

  4. Windows7

    Windows7 USBメモリをフォーマットをして使用できるようにする

    この記事では、Windows7のパソコンで、USBメモリをフォーマット…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows 言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処方法

    この記事ではWindowsのパソコンで、言語バー(IMEパッド)が消え…

  6. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 コントロールパネルをタスクバーに追加する

    Windows8/8.1のパソコンで、コントロールパネルをタスクバーに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP