Windows8/8.1 セーフモードの起動方法

Translate:
スポンサーリンク

Windows7以前のOSであればパソコンの電源を入れてメーカーのロゴやBIOSの画面が出た時に、キーボードの「F8キー」や「F5キー」を連打したり、「Ctrlキー」を押しっぱなしにして電源を入れたりして詳細ブートオプション画面からセーフモードを起動出来ました。

Windows8/8.1以降の一部のOSでは、高速起動(Instant go)というものが採用されており、セーフモードでパソコンを起動するにはWindows7以前のOSとは若干操作が違います。

Windows8/8.1でのセーフモードの起動についてはいくつか方法がありますが、ここでは手間をかけずに簡単にセーフモードで起動できる以下の2つの方法を紹介します。

  • SHIFTキーを押しながら再起動
  • PCの設定の変更

SHIFTキーを押しながら再起動しセーフモードで起動する

難しい操作や手間が無く、通常の再起動と同じ順番で再起動ボタンをクリックする際に、SHIFTキーを押しながら再起動ボタンをクリックするだけです。

簡易案内

「スタートボタン」→「SHIFTキーを押しながら再起動」→「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ設定」→「再起動のボタンをクリック」→「キーボードの数字の4を押す」

・左下にある「スタート」ボタンを右クリック後、「シャットダウンまたはサインアウト」にカーソルを持っていきキーボードの「SHIFTキーを押しながら再起動を左クリック」します。

windows8/8.1 スタートボタン→シャットダウンまたはサインアウト→再起動

この後の案内は「PCの設定の変更」と一緒なのでこちらをクリックしてください(記事内にあるPCの設定の変更の案内に飛びます)。

PCの設定の変更からセーフモードで起動する

簡易案内

「カーソルを画面の右上もしくは右下に持っていく」→「設定」→「PC設定の変更」→「保守と管理」→「回復」→「今すぐ再起動」→「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ設定」→「再起動のボタンをクリック」→「キーボードの数字の4を押す」

・画面の右下にカーソルを見えなくなるまで持っていくと項目が出てきます。ちなみに右上にカーソルを持って行っても項目は出てきます。

カーソルを右下もしくは右上に持っていき項目が出てくるのを確認

・この項目の中にある「設定」を左クリック。

設定を選択

・右下にある「PC設定の変更」を左クリック。

PC設定の変更を選択

「保守と管理」を左クリック。

保守と管理を選択

「回復」を左クリックし「今すぐ再起動」を左クリック。

回復を選び今すぐ再起動を選択

・オプションの選択画面になるので「トラブルシューティング」を左クリック。

オプションの選択の画面からトラブルシューティングを選択

・次に「詳細オプション」を左クリック。

詳細オプションを選択

・詳細オプションの項目の中にある「スタートアップ設定」を左クリック。

スタートアップ設定を選択

「再起動」のボタンを左クリック。

再起動ボタンをクリック

・画面が切り替わるので、この中から番号を指定します。

ここではマウスは使用できず全てキーボード上での操作になります。

今回はセーフモードでパソコンを起動したいので、キーボードの数字の「4」を押します。

セーフモードを有効にするを選択するのでキーボードの4を押す

再起動後、デスクトップの画面が黒くなり「セーフモード」で立ち上がります。

windows8/8/1のセーフモードの画面

「Windows8/8.1 セーフモードの起動方法」は以上になります。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です