Windows標準搭載ツール

Windows7 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示にする方法

この記事ではWindows7のパソコンで隠しファイル・フォルダーを表示する方法と非表示にする方法を案内しております。

対象OSWindows7

 この記事で得られること
Windows7のパソコンで隠しフォルダーや隠しファイルの表示・非表示の方法を知ることが出来る。

操作案内の前に伝えておきたいこと

隠しファイル・フォルダーがなぜ隠れているのかと言うと、システム(OS)に関わるものが保存されている場所で、変更してしまうとパソコンに不都合が生じてしまう恐れがあるため基本的には触れないようになっております。

初期設定では隠しファイルやフォルダーは非表示となっています。

設定を終えたら必ず「隠しファイル・隠しフォルダー」は非表示(解除)にしておきましょう。

仮に、隠しファイル・フォルダーを表示する設定をしてもファイルやフォルダーが表示されない場合は、ウィルスに掛かっている事が考えられます。セキュリティソフトなどでウィルスの駆除を行いましょう。

操作手順

では「Windows7 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示にする方法」の案内に入ります。

ここではCドライブを例にして案内していきます。

 

・左下にある「スタート」ボタンを左クリック。

左下にある「スタート」ボタンを左クリック。

 

・項目の右にある「コンピューター」を左クリック。

項目の一覧の中から右にある「コンピューター」を左クリック。

 

・左上にある「整理」を左クリック。

左上にある「整理」を左クリック。

 

「フォルダーと検索のオプション」を左クリック。

項目の中から「フォルダーと検索のオプション」を左クリック。

 

・上のタブの「表示」を左クリック。

上のタブにある「表示」を左クリック。

 

「隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示する」に左クリックでチェックを入れます。

「隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示する」に左クリックでチェックを入れる。

 

・チェックを入れ終わったら右下にある「適用」ボタンを左クリック。

チェックを入れたら右下にある「適用」ボタンを左クリック。

これで隠しファイル・隠しフォルダーを表示する事ができました。

 

・何かしらの作業をした後は必ず先程の「フォルダーと検索のオプション」から「隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示しない」に左クリックでチェック入れ、「適用」ボタンを左クリックして非表示にしましょう。

何かしらの作業をした後は必ず先程の「フォルダーと検索のオプション」から「隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示しない」に左クリックでチェック入れ、「適用」ボタンを左クリックして非表示にする。

 

「Windows7 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示にする方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日でありますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows10 コマンドプロンプトの起動方法

    この記事では「Windows10 コマンドプロンプトの起動方法」につい…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 コマンドプロンプトの起動方法

    ここでは「Windows8/8.1 コマンドプロンプトの起動方法」の案…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows7 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

    この記事では、Windows7のパソコンで特定のフォルダーをタスクバー…

  4. システムの復元

    Windows7 システムの復元ポイントを確認する

    この記事は「Windows7 システムの復元ポイントを確認する」につい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows デスクトップのショートカットアイコンの画像を…
  2. Windows8/8.1 アイコンが消えた場合などにはエクス…
  3. Windows10 アイコンが消えた場合などにはエクスプロー…
  4. Windows 現在ログインしているユーザー名を確認する
  5. Windows8/8.1 現在ログインしているユーザー名を確…

関連記事(広告含む)

PAGE TOP