タスクマネージャー

Windows8/8.1 タスクマネージャーの開き方と見方


左下にある「スタート」ボタンを右クリックし、「タスクマネージャー」を左クリック

Windows8 タスクマネージャーの開き方と見方1 左下にあるスタートボタンを右クリックしタスクマネージャーを選択

もしくは画面の1番下にあるバーを「タスクバー」と言い、カーソルを持っていきます

Windows8 タスクマネージャーの開き方と見方2 もう一つの方法でカーソルをタスクバーに持っていく

・そして右クリック後、メニューが出てくるので「タスクマネージャー」を左クリック

Windows8 タスクマネージャーの開き方と見方3 タスクバー上で右クリックしタスクマネージャーを選択

・左上のタブが「プロセス」になってる事を確認します

Windows8 タスクマネージャーの開き方と見方4 タスクマネージャーの各項目の説明

①CPU使用率・・・22%

➁メモリ・・・43%

③プログラムやアプリケーションソフト

各項目で例えば、①のCPUの赤く囲われた部分をクリックすると、CPU使用率が高いプログラムやアプリケーション順に表示することができます。

メモリも同様です。

この画面を見てもしCPUやメモリの使用率が高いのであれば、どのようなプログラムやアプリケーションソフトが使用率が高いのか確認してみましょう。

※もしCPUやメモリの使用率が高いのであれば「CPUやメモリの使用率が高い場合の対処方法」を参照してみてください。

CPUやメモリの使用率が高い場合の対処方法はWindows7,Windows8/8.1,Windows10のOS全共通です。

パフォーマンスをクリックすると各項目の様々な詳細情報が見れます。

詳細画面については「Windows8/8.1 タスクマネージャーのパフォーマンス画面を徹底的に追及する」を参照してみてください。


関連記事(広告含む)

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 パソコンのスペック(基本情報)の確認方法と見方

    この記事は「Windows8/8.1 パソコンのスペック(基本情報)の…

  2. システムの復元

    Windows10 システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する

    この記事では「Windows10 システムの保護を有効にし復元ポイント…

  3. 仮想メモリ(ページファイル)

    Windows8/8.1 仮想メモリ(ページファイリング)を正しく設定してパソコンを最適化する

    ※二度手間にならない様、「仮想メモリ(ページファイリング)を正しく設定…

  4. ファイル復元・データ復旧

    Windows8/8.1 ファイル履歴でエラーが出て使えない?

    この記事は「Windows8/8.1 ファイル履歴でエラーが出て使えな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows7 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示…
  2. Windows10 隠しファイル・フォルダーを表示または非表…
  3. 初心者の方でも簡単にできるタスクバーのカスタマイズ方法
  4. タスクバーとは?
  5. Windows よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法…

関連記事(広告含む)

PAGE TOP