Windows7 削除してしまったファイルをシャドウコピーで復元する方法

Translate:
スポンサーリンク
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
Windows7 シャドウコピーでどのぐらいまで日付をさかのぼって復元する事ができるのか検証のアイキャッチ画像

ここでは「Windows7 削除してしまったファイルをシャドウコピーで復元する方法」についての案内になります。

  1. シャドウコピーの設定が有効になっているか確認
  2. Windows7 シャドウコピーの以前のバージョンを使ってファイルを復元する方法

の2つに分けて案内していきます。

Windows7 シャドウコピーの設定が有効になっているか確認

シャドウコピーでファイルを復元する際は、そもそもシャドウコピーが有効になっていないとファイルの復元はできません。

初期設定では有効になっていますが、念のためにシャドウコピーの設定が有効になっているか確認しておきましょう。

・左下にある「スタートメニュー」ボタンを左クリックし、「コンピューター」を右クリック後、「プロパティ」を左クリック

スタートボタンからコンピューターを右クリックしプロパティを選択

「システム」の画面が開くので「システムの保護」を左クリック

システムの画面が表示されるのでシステム保護をクリック

・上のタブが「システムの保護」になっている事を確認し、設定を見たいドライブを左クリック(ここではCドライブ)し、「構成」を左クリック

上のタブがシステムの保護になっている事を確認しCドライブを選択し構成をクリック

・システム保護対象という画面になり選択したドライブが表示されます

システム設定とファイルの以前のバージョンを復元するとファイルの以前のバージョンのみを復元するとシステムの保護を無効にするが出てくる

  • システム設定とファイルの以前のバージョンを復元する
  • ファイルの以前のバージョンのみを復元する

のどちらかにチェックが入ってあればシャドウコピーは有効ということなのでファイルの復元はできます。

  • システムの保護を無効にする

にチェックが入っていた場合はシャドウコピーは無効なので、データとなる元がないという事になりファイルの復元は出来ません。

参考

システム設定とファイルの以前のバージョンを復元するなどの項目の詳細一覧について知りたい方はこちらを参照してください

→シャドウコピーの各項目の一覧の説明

Windows7 シャドウコピーの以前のバージョンを使ってファイルを復元する方法

では本題の「Windows7 シャドウコピーの以前のバージョンを使ってファイルを復元する方法」について案内していきます。

・復元したいファイルを用意

復元したいファイルを用意する

・復元したいファイルを右クリックし「以前のバージョンの復元」を左クリック

復元したいファイルを右クリック後、以前のバージョンの復元を左クリック

・フォルダーのバージョンのなかにある復元したいファイルを左クリックし背景が青く反転されている事を確認し、「復元」ボタンを左クリック

復元したいファイルを選び左下にある復元ボタンを左クリック

「以前のバージョンの~を復元しますか?」と出るので「復元」ボタンを左クリック

復元ボタンを左クリック

注意点

※復元ボタンを押すと今のファイルが以前のファイルのものに上書きされ、元に戻す事は出来ないので、もう一度本当に上書きしていいものなのか確認しましょう。

「コピー中」と出るので待ちます

コピー中と出るので待つ

「フォルダーは以前のバージョンに正しく復元されました」と出るので「OK」ボタンを押して完了です!

OKボタンをおして完了

「Windows7 削除してしまったファイルをシャドウコピーで復元する方法」についの案内は以上になります。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です