Windows7 chkdsk(チェックディスク)機能の使い方とログの確認方法

Windows7のchkdsk(チェックディスク)機能を使ってHDDのエラーをチェックしパソコンを高速化してみましょう。

対象OSWindows7

 この記事で得られること
Windows7のパソコンでchkdsk(チェックディスク)の使い方とログの確認方法を知ることが出来る。

※chkdsk(チェックディスク)を実行するにあたって何点か注意点があります。最悪の場合、HDDが壊れてしまう可能性もあるのでより安全に行うために「chkdsk(チェックディスク)機能を使ってHDDのエラーをチェックして修復する」を一読することをおすすめします。

Windows7 chkdsk(チェックディスク)を実行する

・左下にある「スタート」ボタンを左クリックして「コンピューター」を左クリック。

Windows7 チェックディスクの案内その1 スタートボタンからコンピューターをクリック

 

「OS(C:)を右クリック」して「プロパティ」を左クリック。

Windows7 チェックディスクの案内その2 Cドライブを右クリックしてプロパティを選択

 

・上のタブの「ツール」というタブを左クリックすると画面が変わるので、「チェックする」を左クリック。

Windows7 チェックディスクの案内その3 上のタブのツールをクリックしてチェックするをクリック

 

「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」「不良セクターをスキャンし、回復する」が出てくるので、行いたい項目にチェックを入れて「開始」ボタンを左クリック。

※chkdsk(チェックディスク)はHDDに負担が掛かる作業です。最悪の場合は、パソコンが起動できなくなってしまったりするので、行う際は必ずバックアップを取りましょう。「不良セクターをスキャンし、回復する」は特にHDDに負担が掛かるのと環境によっては膨大な時間が掛かります。

下図は2つにチェックを入れての手順になります。

Windows7 チェックディスクの案内その4 ファイルシステムエラーを自動的に修復すると不良セクターをスキャンし、回復する両方にチェックを入れて開始ボタンを押す

 

・画面が切り替わるので「ディスク検査のスケジュール」を左クリック。

Windows7 チェックディスクの案内その5 ディスク検査のスケジュールをクリック

 

・プロパティの画面に戻るので「OK」ボタンを左クリック。

Windows7 チェックディスクの案内その6 プロパティの画面に戻るのでokボタンをクリック

 

・開いているウィンドウとアプリケーションソフトを全て閉じて、スタートボタンを左クリックし、シャットダウンの横にある矢印」を左クリック。そして「再起動」を左クリック。

Windows7 チェックディスクの案内その7 スタートボタンから再起動をクリック

 

・パソコンが再起動をし立ち上がりと同時にこのような画面になります。

Windows7 チェックディスクの案内その8 再起動後の真っ黒な画面になりチェックが始まるので待機

これで後は終わるのを待つだけです。

chkdsk(チェックディスク)の結果はログ情報を見て確認してみよう

chkdsk(チェックディスク)が終わりパソコンが再起動するといつもの見慣れた画面になります。そのままでは結果は見れないのでログ情報を開く必要があります。

 

・スタートボタンを左クリックし「コンピュータ」を右クリック後「管理」を左クリック。

※(管理者権限が必要です)

Windows7 チェックディスクのログの確認方法その9 スタートボタンをクリックしコンピュータを右クリックして管理を選択

 

システムツールイベントビューアーWindowsログアプリケーション」とクリックすると画面の真ん中にズラッと一覧が出てきます。

そして右側の窓の「検索」を左クリック。

Windows7 チェックディスクのログの確認方法その2 コンピューターの管理画面でシステムツール→イベントビューアー→Windowsログ→アプリケーションをクリックし、右側の窓にある検索をクリック

 

・すると検索画面が出てくるので、ここで「wininit」と打ち込み、キーボードの「ENTER」キーを押します

Windows7 チェックディスクのログの確認方法その3 検索窓が出てくるのでWininitと打ち込みENTERキーを押す

 

・環境によっては真ん中の画面にイベント情報が表示されることがありますが、これだと見にくいので右側の「イベント 1001,Wininit」の中の「イベントのプロパティ」と出るので左クリック。

コンピューターの管理3

 

・小さく画面が見づらい場合は、ご自身のパソコンの右下の角の部分を左クリック長押しで大きく出来るので、試してみて下さい。

Windows7 チェックディスクのログの確認方法その12 チェックディスクの結果の見方 

ログの確認事項

①ログの日付

まずは念のためにチェックディスクを行った日付を確認する。

②Cleaning up ~~~(私の環境では2364となってます)

「ファイル システムエラーを自動的に修復する」のみにチェックして数字が一桁以下までなるように行う。

③「Windows has checked the file system and found no problems」であること

問題が無ければ「ウィンドウズのファイルシステムをチェックしましたが何も問題は無いです」と出ます。

④「0kB in bad sectors」で数字が0になっていること

この数字が0ではなく「4kB in bad sectors」など0以外の数字が出ていると不良セクターがあるということになるので、これは物理的なエラーである可能性が高いです。

物理的なエラー=不良セクターです。

物理的なエラーが出てしまうと許容範囲外になります。

「不良セクターをスキャンし、回復する」をまた行うと直る事もあり、この作業自体ハードディスクに負担が掛かるのであまりおすすめはしませんが、行う価値はあります。

壊れるのを覚悟で行う場合は自己責任でお願いします。

あとは、不良セクターを直すソフトや、フォーマット、リカバリー、もしくは業者に頼むしか方法は無いです。あまりにも不良セクターが多いとハードディスクの寿命が近づいてきている知らせなので、しつこいようですが必ずバックアップを取っておきましょう。

 

「Windows7 chkdsk(チェックディスク)機能の使い方とログの確認方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日が訪れますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. パーティション

    Windows8/8.1 HDD増設後のパソコン側の詳細な設定(パーティション作成)

    この記事は「Windows8/8.1 HDD増設後のパソコン側の詳細な…

  2. スタートアップ

    Windows7 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く

    この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップのフォルダの…

  3. スタートアップ

    Windows8/8.1 スタートアップに登録されているアプリを削除する

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンで、スタートアップに登…

  4. セーフモード

    Windows8/8.1 セーフモードの起動方法

    この記事では「Windows8/8.1 セーフモードの起動方法」の案内…

  5. システムの復元

    Windows8/8.1 システムの復元ポイントの容量を減らす方法

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンで、システムの復元ポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows8/8.1 現在ログインしているアカウントがM…
  2. Windows10 OneDriveに関する情報を根こそぎ削…
  3. Windows10 エクスプローラーのOneDriveを完全…
  4. Windows10 更新プログラム(1803)適用後の言語バ…
  5. Windows10 エクスプローラーのOneDriveを隠す…

カテゴリー

PAGE TOP