Windows7 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

この記事では、Windows7のパソコンで特定のフォルダーをタスクバーに追加する案内をしております。

対象OSWindows7


この記事で得られること

Windows7のパソコンでタスクバーによく使うフォルダーを追加する事により、1クリックでフォルダーを開けるため操作が楽になる。

 

 

※この記事では「フォルダー」をタスクバーに追加する方法の記事のため、「アプリ」の追加については案内しておりません。アプリをタスクバーに追加する方法を知りたい方は、下記をクリックしてください。

「Windows7 タスクバーにアイコンを追加して1クリックでアプリを起動する・削除する」

 

操作案内の前に伝えておきたいこと

フォルダーをタスクバーに追加する場合は、アイコン(アプリ)を追加する方法では追加することが出来ません。

フォルダーを直接タスクバーに持っていこうとすると、下図のように「エクスプローラーに表示する」と表示されてしまい、タスクバーに追加されずエクスプローラーに追加されてしまいます。

タスクバーにアイコンを追加しようとするとエクスプローラーに保存されてしまう。

 

フォルダーはタスクバーに追加されず、タスクバーにあるエクスプローラーに追加されてしまうため、「①エクスプローラーを右クリック」「②特定のフォルダを左クリック」という手順を踏まなければなりません。

2クリックが必要となってきます。

「①エクスプローラーを右クリック」→「②特定のフォルダを左クリック」の2クリック必要となってくる。

 

ただし、フォルダーをエクスプローラーに保存するのはアイコン1つ分を節約できるので、タスクバーを整理したい時は便利です。

特にタブレットやノートパソコンを使用している方は良いと思います。

 

繰り返しになりますが、フォルダーをタスクバーに追加したい場合はフォルダーのアイコンをそのままタスクバーに持っていけば追加する事ができます。

 

では案内に入りたいと思います。

 

操作手順

「Windows7 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法」の操作手順になります。

ここではデスクトップにある「A」というフォルダーをタスクバーに追加してみたいと思います。

 

「フォルダーを右クリック」

フォルダーを右クリック。

 

「ショートカットの作成」を左クリック

項目が出てくるので「ショートカットの作成」を左クリック。

 

「作成されたショートカットのアイコンを右クリック」

作成されたショートカットのアイコンを右クリック。

 

「プロパティ」を左クリック。

項目の中から「プロパティ」を左クリック。

 

・左上のタブが「ショートカット」になっている事を確認し「リンク先の名前を変更」します。

左上のタブが「ショートカット」になっている事を確認し「リンク先の名前を変更」する。

 

・リンク先の名前が「C\Users\All\Desktop\A」となっているので「C」の前に「explorer.exe」を追加し「explorer.exe C\Users\All\Desktop\A」と入力します。

※「explorer.exe」と「C」の間には必ず半角スペースを入力してください。

「explorer.exe」を追加し「explorer.exe C\Users\All\Desktop\A」と入力する。「explorer.exe」と「C」の間は必ず半角スペースを入れる。

 

・入力し終えたら右下にある「適用」ボタンを左クリック。

右下にある「適用」ボタンを左クリック。

 

・ショートカットのアイコンが変更されたか確認してみましょう。

変更前

ショートカットのアイコンの変更前

変更後

ショートカットのアイコンの変更後

 

「変更されたショートカットのアイコンを左クリック長押しで掴みます」(掴んだ際は手のひらのアイコンは表示されません)。

変更されたショートカットのアイコンを左クリック長押しで掴む。

 

・何もない所のタスクバーまで持って行き「タスクバーに表示する」が表示されたらマウスから手を離します

何もない所のタスクバーまで持って行き「タスクバーに表示する」が表示されたらマウスから手を離す。

 

・タスクバーにフォルダーのアイコンを追加する事が出来ました。

タスクバーにフォルダーのアイコンが追加された事を確認。

 

最後にタスクバーに追加したフォルダー(アイコン)を移動する方法と、削除する方法を案内していきます。

 

フォルダー(アイコン)を移動する方法

「フォルダーを左クリック長押しで掴みます」

フォルダーを移動するため左クリック長押しでフォルダーを掴む。

 

「左クリック長押ししたまま、移動したい場所までフォルダーを持って行きます」

左クリック長押ししたまま、移動したい場所までフォルダーを持って行く。

 

・移動したい場所まで持って行き「マウスから手を離せば」移動完了です。

移動した場所まで持って行きマウスから手を離す。

 

 

アイコン(フォルダー)を削除する方法

「削除したいフォルダーを右クリック」

削除したいフォルダーを右クリック。

 

「タスクバーにこのプログラムを表示しない」を左クリック。

項目の中から「タスクバーにこのプログラムを表示しない」を左クリック。

 

・フォルダーを削除する事が出来ました。

フォルダーのアイコンが削除された事を確認。

 

 

「Windows7 特定のフォルダー(ショートカット)をタスクバーに追加する方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日でありますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 スリープの時間とスリープにさせない設定方法

    この記事ではWindows8/8.1のパソコンで「スリープの時間の設定…

  2. Windows標準搭載ツール

    超簡単!Windows8/8.1 IMEパッドの出し方

    この記事ではWindows8/8.1のパソコンで、IMEパッドの出し方…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows10 デスクトップのアイコンが固定されて動かない時の対処方法

    この記事では、Windows10のパソコンで、デスクトップのアイコンが…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 スタートメニューにあるアイコンを変更しカスタマイズする

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンでスタートメニューにあ…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法

    この記事ではWindows8/8.1のパソコンで消えたタスクバーをサク…

  6. Windows標準搭載ツール

    トラブルシューティングツールとは?

    トラブルシューティングツールとは、何かパソコンに問題があった時に、手軽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows8/8.1 現在ログインしているアカウントがM…
  2. Windows10 OneDriveに関する情報を根こそぎ削…
  3. Windows10 エクスプローラーのOneDriveを完全…
  4. Windows10 更新プログラム(1803)適用後の言語バ…
  5. Windows10 エクスプローラーのOneDriveを隠す…

カテゴリー

PAGE TOP