Windows10 仮想メモリ(ページファイル)を正しく設定してパソコンを最適化する

Translate:
スポンサーリンク

この記事では「Windows10 仮想メモリ(ページファイル)を正しく設定してパソコンを最適化する」の案内をしております。

仮想メモリ(ページファイル)とは、物理メモリが足りなくなってきた時に、メモリの内容をHDDに書き出し(スワップアウト)してメモリ不足を補う機能です。

4GBの物理メモリしかなくても5GBまで使えたりと、大変便利な機能です。

ただし、メモリの内容をHDDに書き出す(スワップアウト)行為が続くと、パソコンが重くなる原因にもなります。よって、仮想メモリ(ページファイル)を正しく設定してもパソコンが重くなる場合は、物理メモリの増設を考えなければなりません。

正しい値を設定するには、まずは、仮想メモリ(ページファイル)がどの程度使われているのか、把握しなければなりません。

環境によって値は変わってくるので、実際に私の環境で計算してみたいと思います。

この記事で得られること
Windows10のPCで、仮想メモリ(ページファイル)を正しく設定することにより、メモリ不足を解消できる。

Windows10 仮想メモリ(ページファイル)の計算方法

一見難しく見えますが、ポイントを抑えれば安易に計算は出来ます。

まずは、タスクマネージャーを開いてメモリの使用状況を確認します。

タスクマネージャーの開き方

スタートボタンを右クリック→タスクマネージャーを左クリック

タスクバー(画面の1番下にある黒い何もないところ)を右クリックしタスクマネージャーを左クリック→パフォーマンスのタブを選びメモリを左クリック

メモリの使用率の画面

仮想メモリ(ページファイル)の計算方法は以下になります。

「②コミット済みー①使用している物理メモリの量=仮想メモリ」

コミット済みとは、使用されている物理メモリと仮想メモリの合計の数値です。よって、コミット済みから使用している物理メモリを引けば現在使用されている、仮想メモリ(ページファイル)が出せます。

現在のコミット済みは②7.7GBで使用しているメモリが①5.0GBなので、

「7.7GB-5.0GB=2.7GB」

 

よって、目安は「2.7GB」が仮想メモリ(ページファイル)の正しい値となります。


しかし、ここで一つ気を付けたい事は、よく使用するプログラムを起動してメモリの使用率の状況を見ることです。

例えば、普段から3つ使用するプログラムがあるのに、ブラウザだけを起動してyoutube動画を見て判断しては意味がないという事です。普段使用するプログラムを3つ起動して、すぐに計算しても意味がありません。メモリの使用率は常に変動していくので、何日間かメモリの使用率の変化を監視した方がいいです。特に決まりは無いと思いますが、1週間程度は度々、確認した方が確実です。

上記の理由により、仮想メモリ(ページファイル)の設定は、この後の案内で「2.7GB」で行っていきますが、プラス200MBほどは余裕を見ておいた方がいいでしょう。

次は、実際に仮想メモリ(ページファイル)を設定してみたいと思います。

Windows10 仮想メモリ(ページファイル)を正しく設定してみる

Windows10で仮想メモリ(ページファイル)の設定画面を開くには、いくつか方法がありますが、ここではスタートボタンを右クリックから開く案内をしたいと思います。

簡易案内

スタートボタン右クリック→システム→システム情報→システムの詳細設定→設定→詳細設定のタブ→変更

・左下にある「スタート」ボタンを右クリック。

スタートボタンを左クリック

・項目が出てくるので「システム」を左クリック。

システムを左クリック

・システムの画面が開くので、下にスクロールして行きます。

下にスクロール

・関連設定の中に「システム情報」があるので左クリック。

システム情報を左クリック

・左の項目にある「システムの情報詳細」を左クリック。

システムの情報詳細を左クリック

・システムのプロパティの画面になるので、パフォーマンスの中にある「設定」を左クリック。

設定を左クリック

・パフォーマンスオプションの画面になるので、上のタブにある「詳細設定」を左クリック。

詳細設定のタブを左クリック

・詳細設定の画面になるので、仮想メモリの項目の中にある「変更」を左クリック。

変更を左クリック

・仮想メモリ(ページファイル)の設定の画面になります。私のWindows10のPCでは、CドライブとDドライブの2種類が搭載されていて、各ドライブに対して仮想メモリ(ページファイル)を設定することも出来ます。

「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」にチェックが入っているため、このままだとCドライブは表示されていません。

「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」にチェックが入っているため、Cドライブが見えな状態

・上にある「すべてのページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを左クリックで外します。

左クリックでチェックを外す

・チェックを外すとCドライブが表示されました。次は、仮想メモリ(ページファイル)の設定になりますが、ここで3つお伝えしておきたいことがあります。

チェックを外すとCドライブが表示される

1.複数のストレージがある場合

2台以上のHDDやSSDが搭載されている場合は、システム以外のドライブに仮想メモリを設定することをおすすめします。

システム以外のドライブに設定することにより、以下のメリットがあります。

・システムの安定化(システムの断片化を防ぐ)

・Cドライブの容量を節約できる

・バックアップをする際、余分なデータをバックアップする必要が無くなり、トラブルが軽減できる。

Cドライブはページファイリング無しに設定し、Dドライブ以降のドライブにページングファイルを設定する。

2.パーティションで分けている場合

1つのHDD・SSDなどをパーティションで分けている場合、CドライブではなくDドライブに仮想メモリ(ページファイル)を設定するとシークタイムの距離が長くなり逆効果になるので、Dドライブで仮想メモリ(ページファイル)の設定はやめておいたほうがいいです。

素直にCドライブで設定しましょう。繰り返しになりますが、パーティションで分けている場合の話です。

3.初期サイズと最大サイズに関して

仮想メモリ(ページファイル)の数値は、断片化を防ぐために初期サイズと最大サイズは同じ数値を入力することです。

・上記の3つの理由から、ここではDドライブに2700MB(2.7GB)を設定します。

Dドライブを左クリック。

Dドライブを左クリック

・下の項目にあるカスタムサイズを左クリックで「チェック」を入れます。

カスタムサイズに左クリックでチェックを入れる

・初期サイズと最大サイズは断片化を防ぐために、「同じ数字」を入力する。ここでは先ほどのタスクマネージャーを参考に計算方法で算出した「2700MB」を入力します。

繰り返しになりますが計算方法は、

「コミット済みー使用している物理メモリの量=仮想メモリ」となります。

タスクマネージャーから導き出した数字を入力

・数字を入れ終わったら「設定」を左クリック。

数字を入れ終わったら設定を左クリック

・次は、Cドライブの仮想メモリ(ページファイル)を無効にするので、「Cドライブ」を左クリック。

Cドライブの仮想メモリ(ページファイル)を無効するため、Cドライブを左クリック

「ページングファイルなし」に左クリックでチェックを入れて、「設定」ボタンを左クリック。

ページングファイルなしにチェックを入れて設定ボタンを左クリック

・警告の画面が出てくるので「はい」を左クリック。

はいを左クリック

・左下にある「OK」ボタンを左クリック。

OKボタンを左クリック

・再起動を促す画面が出てくるので「OK」ボタンを左クリック。

OKボタンを左クリック

再起動しないと、先ほど設定した仮想メモリ(ページファイル)は動作しないので、再起動をしましょう。

最後に、仮想メモリ(ページファイル)が足りていないと、「コンピューターのメモリが不足しています」というエラーが出る場合があります。これは仮想メモリ(ページファイル)が小さすぎるためエラーとなっているので、仮想メモリ(ページファイル)の値を上げてみましょう。

「Windows10 仮想メモリ(ページファイル)を正しく設定してパソコンを最適化する」については以上になります。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です